ブルターニュのパルドン祭り―日本民俗学のフランス調査

個数:

ブルターニュのパルドン祭り―日本民俗学のフランス調査

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年02月29日 23時16分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 296p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784903487199
  • NDC分類 386.35
  • Cコード C0039

内容説明

ブルターニュ地方の人びとが、カトリック教義への篤い信仰を保つ一方で、それとはかならずしも合致しないにもかかわらず、現在も大切に守り続けている伝統行事、パルドン祭りとトロメニ―民俗信仰とカトリックという創唱宗教との混在・併存の諸相を、日本民俗学の手法で長期にわたり調査・分析し、華やかなパリとはちがう、もうひとつの奥深いフランス文化をさぐる、我が国で初めての試み。その基底にほのかに見えてくるのは、はるかなケルトの残照か。

目次

第1章 パルドン祭りと巡礼―フランス、ブルターニュ地方サンターヌ・ラ・パルーの事例より(サンターヌ・ラ・パルーのパルドン祭り;ペルリナージュの二つの意味 ほか)
第2章 パルドン祭りと奇跡の泉(泉水とシャペルの立地;パルドン祭り ほか)
第3章 パルドン祭りと夏至の火―タンタットゥと聖ヨハネの火(ブルターニュ地方の民俗調査;サン・ジャン・デュ・ドワのパルドン祭り ほか)
第4章 ブルターニュのトロメニ―伝説と現在(はじめに―民俗学の海外調査研究;ブルターニュのトロメニ ほか)
第5章 ロクロナンのトロメニ―祭式、空間、聖なる時(はじめに;ケルト暦 ほか)

著者等紹介

新谷尚紀[シンタニタカノリ]
1948年生まれ。早稲田大学大学院博士後期課程修了。現在、国立歴史民俗博物館教授・総合研究大学院大学教授、社会学博士(慶応義塾大学)

関沢まゆみ[セキザワマユミ]
1964年生まれ。筑波大学大学院修士課程修了。現在、国立歴史民俗博物館准教授・総合研究大学院大学准教授、文学博士(筑波大学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。