わらって話せる、いまだから―高機能自閉症児の青春ドラマ

個数:

わらって話せる、いまだから―高機能自閉症児の青春ドラマ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 206p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784903192093
  • NDC分類 378.6
  • Cコード C0036

内容説明

20才を迎えた高機能自閉症の息子。学校の壁をのり越え、自立の道を求めて横浜から北海道、そして沖縄へ―山あり谷あり親子の泣き笑い物語。

目次

第1章 高機能自閉症の息子と学校の壁(息子の出発;小学校時代の康一 ほか)
第2章 これがわが家の不登校ライフ(不登校ライフその1・流氷ツアーに参加;康一の居場所 ほか)
第3章 北の大地にはずむ高校生活(北星余市高校の見学;北星余市高校の事件 ほか)
第4章 高機能自閉症を理解するために(家族で歩んだLD理解への道のり;LDの混乱 ほか)
第5章 親子のきずな(琉球への旅立ち;自動車運転免許取得 ほか)

著者等紹介

上野景子[ウエノケイコ]
1959年、神奈川県横浜市に生まれる。1981年より横浜市立長津田小学校教諭として勤務。1987年、退職。2002年より臨時的任用教諭、非常勤講師として勤務。各地で高機能自閉症啓発のための講演活動を続け、現在に至る。1994年より、LD児理解推進グループ『のびのび会』会長。2003年より、日本自閉症スペクトラム学会正会員。2005年、自閉症スペクトラム支援士の資格を取得

上野健一[ウエノケンイチ]
1954年、東京都杉並区に生まれる。1980年より横浜市立六ツ川中学校教諭として勤務。現在、個別支援学級担任。1994年よりLD児理解推進グループ『のびのび会』事務局長。2003年より日本自閉症スペクトラム学会正会員。2005年自閉症スペクトラム支援士の資格を取得(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。