大空ポケット文庫<br> ぼくらの昭和オカルト大百科―70年代オカルトブーム再考

個数:
電子版価格 ¥528
  • 電書あり

大空ポケット文庫
ぼくらの昭和オカルト大百科―70年代オカルトブーム再考

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年05月16日 01時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 316p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784903175416
  • NDC分類 147
  • Cコード C0177

出版社内容情報

『ノストラダムスの大予言』が刊行された1973年を皮切りに、超能力や心霊現象など、オカルトネタが続々と登場し、子供たちの心を鷲掴みにした。当時のオカルトブームを『まだある。』でおなじみの著者・初見健一氏が再考する!

内容説明

「UFO」「UMA」「超能力」に「ノストラダムス」、そして「心霊」…。あのころ、どうして僕たちはあれほど「不思議なもの」に夢中になっていたんだろう?エロ・グロ・ハレンチに彩られた一九七〇年代、子ども文化にあふれかえった「オカルト」なアレコレ。それらはいつどこで生まれ、なにをきっかけにブームになり、どうしてスタレたのか?を今さらながら再検証。「イカレた時代」に育ったすべての元「昭和オカルトキッズ」たちに捧げます。

目次

00 一九七三年―ストレンジデイズ
01 終末―一九九九、七の月
02 UMA―七〇年代“珍獣・奇獣”博覧会
03 超能力―少年よ、スプーンを曲げろ!
04 UFO―WE ARE NOT ALONE
05 心霊―オカルト娘の血は騒ぐ

著者等紹介

初見健一[ハツミケンイチ]
1967年、東京生まれ。主に1960~70年代のお菓子やおもちゃ、キッズカルチャーについての話題などをネタに活動中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。