沖縄への短い帰還

個数:
  • ポイントキャンペーン

沖縄への短い帰還

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2020年04月04日 06時44分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 334p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784899823025
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

旅する人生のなかに“沖縄”という季節があった。池澤夏樹、沖縄の日々。沖縄をめぐるエッセイ、書評、インタビュー、講演、掌編小説を厳選。単行本初収録、多数。

目次

1 沖縄のくらし―エッセイなど(今なら間に合うヤンバル探検隊;編集は楽しい ほか)
2 沖縄に関する本のこと―書評・解説など(『おきなわことわざ豆絵本』―貧乏について;『南島文学発生論』谷川健一 ほか)
3 沖縄への短い帰還―インタビューと回想(「沖縄は、『鉱山のカナリア』なんですよ」一九九五年;異文化に向かう姿勢―岡本太郎を例として ほか)
4 太平洋に属する自分―講演
しーぶん/掌編(オトーシの効き目;マヅルおじいの買い物;一人寝)

著者等紹介

池澤夏樹[イケザワナツキ]
1945年、北海道帯広市生まれ。作家、詩人、評論家。1975年から3年間ギリシャに滞在。1994年から沖縄(那覇、知念)に10年間住み、2004年からフランスに滞在し、現在は札幌在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。