GC NOVELS<br> せっかくチートを貰って異世界に転移したんだから、好きなように生きてみたい〈5〉

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり

GC NOVELS
せっかくチートを貰って異世界に転移したんだから、好きなように生きてみたい〈5〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年08月12日 14時02分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 420p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784896378771
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

浮気を疑われている、生活費が底をついた、原稿が書けない……人生最大のピンチを筆一本で乗り切った、文豪たちのトンデモ名書簡集。

内容説明

重騎馬の討伐に失敗し、多くの犠牲者を出した王国騎士団。その隙をつくようにローズヒップ伯が率いる帝国軍の薔薇騎士が国境を越え、ランドバーンまで迫っていた。事態を予測していた王国側は黄金騎士を筆頭に迎撃へとあたらせるのだが、想定以上に強い薔薇騎士や死神卿相手に苦戦を強いられてしまう。そんな中、タウロは帝国の侵攻を止めるべく、超遠距離からの狙撃を画策するのだった…。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しまふくろう

12
続けて購入。表紙も挿絵も凄かった。イラストの人はロボット苦手だそうだが、巻末のデザイン画はなかなか格好良いと思う。 物語は帝国と王国の戦闘や亀の精霊獣が現れる話。敵に殴られると勝てないので、見つからない超長距離から撃つ、という主人公の発想が面白い。 世界樹や精霊獣など重要そうな物が目の前にある事に主人公が気付くのはいつになるのか楽しみ。2019/04/27

eucalmelon

2
庭の世界樹は実はでっかい・・。タウロの眷属は結構力を持っているように思える。重騎馬、餌が無くなった原因を鋭く推察できる知能がある。エルフも傲慢なら踏みつぶされても仕方がないか・・。亀の精霊獣と一緒に来たエルフは全滅したんだろうか?自然を破壊していた人間を暗喩しているようでなにやら・・。 王はほとんど政に干渉しないようにみえたが、やはり王は王。有害と判断した王子を処分した。できなかったなら王たる価値はないだろう。我が国の政治家もそろそろ、敗戦の呪いから立ち直ってほしいものだ。2021/03/05

おかちゃん

2
色々な意味で輻輳する大小のストーリーを巧みに綴る著者の力量が素晴らしい。 次刊が楽しみです。2019/05/11

V_D

2
Webから結構加筆があった気がします。楽しめました!このあたりから主人公だけじゃなく作者も、せっかくだからか好きなように書いているという感じで、俺はいったいなにを読まされているんだろう?というきもちになります。次の巻も異世界物の定番、知識チート(笑)楽しみです。2019/05/09

REV

2
[BW]Web版既読。ポーション製作チートで成り上がり! と思いきや娼館めぐり。 っと思いきや、ロボでバトル。絵師の人、参考にと金メッキのプラモ買ったそうだ。いったい何式なんだろう…それとも、K○Gなのだろうか。2019/04/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13597285

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。