保育的発達論のはじまり―個人を尊重しつつ、「つながり」を育むいとなみへ

個数:

保育的発達論のはじまり―個人を尊重しつつ、「つながり」を育むいとなみへ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年10月17日 16時44分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 247p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784894642683
  • NDC分類 376.11
  • Cコード C3037

内容説明

保育の可能性と魅力は、いつも新しい「つながり」をつくりだす実践にある。個人を尊重しつつ、個人を超えるいとなみへ。保育がその真価を発揮するための、保育的発達論のはじまり―。

目次

「個人」を尊重しつつ、「個人」をこえるいとなみへ
第1部 子どもの「主体性」とは何か(子どもはどう「自己決定」しているか;保育のなかでとらえる主体性)
第2部 子どもの「主体性」はどう育つか(人間の赤ちゃんが“未熟”であることの意味;してもらう、する、してあげる、させてあげる)
第3部 「子ども観」「発達観」の変遷と私たち(子ども観をさかのぼる;「発達」と社会の歩み;「発達」と社会のいま)
第4部 発達をみる目をひろげる―イヤイヤ期とブラブラ期(「年齢」と発達;「参加」の視点からみる発達観;つながりアウトカムとしての「ブラブラ」)
第5部 「保育」と「発達」を結びなおす(つながりを育むいとなみ;保育の「あそび」とは何か;保育の公共性;「信頼」の中間共同体)

著者等紹介

川田学[カワタマナブ]
1973年東京都生まれ。北海道大学大学院教育学研究院准教授。博士(心理学)。専門は発達心理学、保育研究。近年は、沖縄地方や瀬戸内地方など各地の保育現場をまわり、保育と地域との関係史を学んでいる。通っていた保育園では、毎日のように押し入れならぬ砂利敷きのボイラー室に入れられる「問題児」。園には敷居がなく、外国人労働者の住居と地続きで、保育時間中にドアをノックして5円玉と1ペニー銅貨を交換するあそびを楽しんでいた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。