新・思考のための道具―知性を拡張するためのテクノロジー その歴史と未来

個数:
電子版価格 ¥1,760
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

新・思考のための道具―知性を拡張するためのテクノロジー その歴史と未来

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年12月13日 18時50分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 473p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784893622167
  • NDC分類 548.2
  • Cコード C0098

内容説明

コンピュータの“開祖”たちから、J.C.R.リックライダー、ダグラス・エンゲルバート、ロバート・テイラー、アラン・ケイといった“パイオニア”たちを経て、その後の“インフォノート”たちまでを、ハワード・ラインゴールドは独特の魅力的なスタイルで語る。19世紀の数学から現代のコンピュータ科学までの進歩をじっくりとたどりつつ、その時々の天才や一匹狼、奇人変人、夢想家たちのエピソードが本人の言葉で紹介される。

目次

コンピュータ革命はこれからだ
世界初のプログラマーは伯爵夫人だった
最初のハッカーとその仮想マシン
ジョニーは爆弾を作り、頭脳も作る
かつての天才たちと高射砲
情報の中にあるものは何か
ともに考える機械
ソフトウェア史の証人―プロジェクトMACのマスコットボーイ
長距離考者の孤独
ARPAネットの卒業生たち
ファンタジー増幅装置の誕生
ブレンダと未来部隊
知識工学者と認識論的企業家
桃源郷とネットワーク文化と、その向こうにあるもの

著者等紹介

ラインゴールド,ハワード[ラインゴールド,ハワード][Rheingold,Howard]
1947年アメリカ、アリゾナ州生まれのライター、評論家、編集者。90年代にはアメリカ西海岸の有名なカウンター・カルチャー誌“The Whole Earth Review”の編集者を一時務め、“The Millennium Whole Earth Catalog”を編集したほか、オンライン雑誌“HotWired”の初代編集長でもあった。現在はカリフォルニア在住

日暮雅通[ヒグラシマサミチ]
1954年生まれ。青山学院大学理工学部卒。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

'87年の初版発売から現在に至るまで、各メディアで取り上げられ、また参考図書としても名高い『思考のための道具 異端の天才たちはコンピュータに何を求めたか』ISBN4-89362-035-5(品切・入手不可)の新訳・増補版です。

増補版では、著者ラインゴールドが、ダグラス・エンゲルバート、ロバート・テイラー、アラン・ケイ...らコンピュータ界の革命児たちに改めて行ったインタビューをもとに、初版以降の動向について追加執筆しています。

日本語版の発行にあたり、全編新訳化し、20点以上の写真と関連年表を追加、東京大学の坂村健教授による解説を掲載するなど、日本語版初版に大幅な変更を加え、幅広い年齢層へ、より読みやすく生まれ変わりました。
コンピュータ史を探る読み物として、また革命児たちの発想の物語としてオススメの1冊です。

目次
 新版への序
 謝辞
  第1章 コンピュータ革命はこれからだ
  第2章 世界初のプログラマーは伯爵夫人だった
  第3章 最初のハッカーとその仮想マシン
  第4章 ジョニーは爆弾を作り、頭脳も作る
  第5章 かつての天才たちと高射砲
  第6章 情報の中にあるものは何か
  第7章 ともに考える機械
  第8章 ソフトウェア史の証人 - プロジェクトMACのマスコットボーイ
  第9章 長距離考者の孤独
  第10章 ARPAネットの卒業生たち
  第11章 ファンタジー増幅装置の誕生
  第12章 ブレンダと未来部隊
  第13章 知識工学者と認識論的企業家
  第14章 桃源郷とネットワーク文化と、その向こうにあるもの
 新版あとがき
 解説 新・思考のための道具 坂村健
 訳者あとがき
 付録 関連年表
 原注
 索引