未来を拓く人文・社会科学シリーズ<br> ボトムアップな人間関係―心理・教育・福祉・環境・社会の12の現場から

個数:

未来を拓く人文・社会科学シリーズ
ボトムアップな人間関係―心理・教育・福祉・環境・社会の12の現場から

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 174p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784887137905
  • NDC分類 361.4
  • Cコード C0330

内容説明

人間関係の捉え直しから水平的社会の構築へ。知の新しい道しるべ。環境、法、医療、福祉等の多領域にわたって、水平的人間関係のあり方を追求する。日本学術振興会人社プロジェクトの成果。

目次

第1部 医療・教育―関係をつなぐ(日本の医師患者関係の現状とこれから―信頼にもとづくパートナーシップをめざして;人々が水平につながり、まとまる―スクールカウンセリングの実践;医療と教育の水平的協働関係の構築―院内学級の現場から)
第2部 環境・福祉・法―水平的人間関係のための制度設計(障害者施設のフィールドで水平的関係を媒介する―研究者の役割とジレンマ;裁判員裁判における水平性の構成―裁判官‐裁判員のコミュニケーションをどう考えるか?;ボトムアップなまちづくり―小笠原村母島でのフィールドワーク)
第3部 決断・性・安全―個人的事情から見た社会(道草考―子どもと大人の視線を水平に重ね合わせる;性に揺らぎを持つ人が語り始めるとき―ボトムアップの契機として;オルタナティブ・オプションズとしての占い―その非科学的な機能を探る)

著者等紹介

サトウタツヤ[サトウタツヤ]
1962年生まれ。立命館大学文学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。