「いちばん詳しい事典」シリーズ<br> いちばん詳しい「ケルト神話」がわかる事典 ダーナの神々、妖精からアーサー王伝説まで

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,100
  • Kinoppy
  • Reader

「いちばん詳しい事典」シリーズ
いちばん詳しい「ケルト神話」がわかる事典 ダーナの神々、妖精からアーサー王伝説まで

  • 著者名:森瀬繚【著】
  • 価格 ¥1,100(本体¥1,000)
  • SBクリエイティブ(2014/06発売)
  • ポイント 10pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784797376791

ファイル: /

内容説明

この電子書籍は、2009年7月に刊行された文庫版『「ケルト神話」がわかる』(SBクリエイティブ)の内容をもとに加筆・修正・再編集したものです。
アイルランドの神々や英雄、妖精にまつわる神話・伝説は、アーサー王物語(ロマンス)を経て『ホビット』『ナルニア国物語』などの近現代ファンタジーに実を結んだ。あの世とこの世が地続きの不思議な世界を、美麗イラスト60点とともに巡る。

目次

第1章 ケルトの神々(女神ダヌの一族―ダーナ神族 偉大なる大地の母―ダヌ ほか)
第2章 ケルトの妖精たち(かつての女神たちは…―女神たちのなれの果て 死の兆しを告げる妖精の女―バンシー ほか)
第3章 ケルトの英雄たち(神々に仕える樫の木の賢者―ドルイド 英雄クー・ホリンを導いたドルイド―カスヴァズ ほか)
第4章 アーサー王伝説(人ならぬ出自の予言者―マーリン ブリタニアの命運を示す二匹の竜―マーリンの予言 ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Bashlier

11
3/5 今まで概要しか知らなかったケルト神話を勉強しようと思い立ち、ひとまず登場人物や出来事を網羅的に把握したいと考えて購入しました。年代が整理されており、各登場人物の整理も丁寧・簡潔でわかりやすいです。しばらくギリシャ・ケルト等の古ヨーロッパ文化を学んでみようと思います。2015/05/09

光心

8
アーサー王に纏わる物語を知れれば、と思ったけど本題はむしろそこに至るまでの連綿と続く物語だった。それはそれですごく面白かったし、クー・フーリンやディルムッド・オディナの出自、またルーやヌァザの話なんかも面白くてわりと満足ではある。ただ、如何せん口承の物語が多いゆえに血縁関係とかが分かる図があればなお良かったかな、と。誰が誰の息子ないし娘で、どこの国のどいつと結婚して……みたいなのを脳裏で整理しながらって結構キツイんですがw ケルト神話というか、アイルランドの神話はなんとなく概要はつかめたかもしれない。2017/11/12

mogeta

2
ケルト神話について知りたいと思って読んでみた。タイトル通り、内容は充実。2017/12/03

jabrafcu

2
同前登録書。ケルト神話からは人物や武具の名称がかなりたくさん『~聖戦の系譜』に取りいれられているようだ。逆にエピソードは少なく,ディアドラのものくらいしか見当たらない。▽日本の鬼や霊の「粗末にすると祟る・いたずらする」といった性質は,ぴたりとくる訳をするのが難しいとしばしば聞くが,フェアリーやゴブリンは比較的それに近いところがあるのかもしれないと思った。2017/07/30

ハム太郎

1
情報量が多く,複数の出典を比べたりして,かなり精緻に文献を調べたことがうかがわれる.ただし事典なので,物語を時系列的,体系的に理解することが難しかった.2021/08/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7952517

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。