居住福祉ブックレット<br> 住むことは生きること―鳥取県西部地震と住宅再建支援

個数:

居住福祉ブックレット
住むことは生きること―鳥取県西部地震と住宅再建支援

  • 提携先に2冊在庫がございます。(2024年06月20日 20時16分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 78p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784887137110
  • NDC分類 365.3
  • Cコード C3336

目次

1 鳥取県西部地震の体験(死者ゼロという奇跡;怠りない準備があった ほか)
2 住宅再建支援への取り組み(高齢被災者の率直な気持ちは…;住宅再建支援制度がない! ほか)
3 災害復興は何が重要か(原則は元通りにしてあげること;復興は二百年後の人のためではない ほか)
補論1 居住福祉と自治体の出来ること(鳥取地震から居住福祉への道筋を考える;お年寄り自身の気持ちを理解する ほか)
補論2 鳥取県西部地震災害における住宅再建・公的支援の意味(鳥取県における公的支援の意味;鳥取県西部地域の震災前後の人口変動)

著者等紹介

片山善博[カタヤマヨシヒロ]
昭和26年生まれ。東京大学法学部卒業。昭和49年に自治省に入省し、昭和55年に鳥取県地方課長、翌昭和56年財政課長、自治省地域政策課課長補佐、自治大臣秘書官、自治省国際交流企画官などを経て平成4年鳥取県総務部長。平成7年自治省固定資産税課長、自治省県税課長を歴任後、平成10年12月に自治省を退職。平成11年4月に鳥取県知事に当選。平成15年4月再選。平成12年10月の鳥取県西部地震に際して、全国で初めて住宅再建に対する公的補助を行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。