新潟水俣病をめぐる制度・表象・地域

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 370p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784887134812
  • NDC分類 493.152
  • Cコード C3036

目次

第1章 水俣病の社会的性格をめぐる問題群
第2章 水俣病の社会問題化と表象
第3章 幻の水俣病問題と新潟水俣病
第4章 水俣病の制度化と未認定患者問題
第5章 典型的な被害集積地域とその運動
第6章 被害の日常性と被害者運動
第7章 未認定患者の被害と差別の二重性
第8章 水俣病の「教訓化」と地域社会
第9章 “制度と表象の水俣病”から“地域と日常の水俣病”理解へ
補論 出来事と“私”をつなぐ想像力のために

著者等紹介

関礼子[セキレイコ]
1966年北海道生まれ。1997年東京都立大学大学院社会科学研究科社会学専攻博士課程単位取得退学。日本学術振興会特別研究員を経て、現在、帯広畜産大学助教授。博士(社会学)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。