スウェーデン中世社会の研究―法典にみえる北欧社会

個数:

スウェーデン中世社会の研究―法典にみえる北欧社会

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ A5判/ページ数 301p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784887082236
  • NDC分類 238.93
  • Cコード C3022

内容説明

本書は北欧、とりわけスウェーデンのおよそ13~14世紀になる史料を基にして、かつて試みられた6編の研究論考から構成されている。

目次

第1章 中世スウェーデンのゴットランド社会―ゴットランド法典にみる人民・平和・土地
第2章 中世スウェーデンにおける土地所有形態―旧ヴェストゥイェータ法書を中心にして
第3章 中世スウェーデンにおける自力救済慣行―旧ヴェストゥイェータ法書を中心にして
第4章 中世スウェーデンにおける土地所有形態―ウップランド法典、「村落の章」を中心にして
第5章 中世スウェーデンの社会とその土地所有形態―ウップランド法典を史料として
第6章 The Society and the Form of Land Ownership in Mediaeval Scandinavia(Sweden)―In the Light of the Uppland‐Law

出版社内容情報

ゴットランド法典を初めとする原典による中世北欧研究。ゴットランド法典による奴隷研究をはじめ,土地所有形態,復讐など,原典史料に精密な考察を加えて,前国家的慣行にまで・り,北方社会を明らかにする