いじめの社会理論―その生態学的秩序の生成と解体

個数:
  • ポイントキャンペーン

いじめの社会理論―その生態学的秩序の生成と解体

  • 内藤 朝雄【著】
  • 価格 ¥2,484(本体¥2,300)
  • 柏書房(2001/07発売)
  • ウェブストア春のポイント5倍キャンペーン
  • ポイント 115pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2019年03月24日 07時28分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 302p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784760120888
  • NDC分類 371.45
  • Cコード C0037

内容説明

“世界のとらえどころ無き欠如”に始まる“全能感のもて遊び”と“集団の祝祭”の追求、“倒錯するタフネス”の変容の果てに具現するいじめ秩序を、心理的構造モデルと社会秩序の循環においてダイナミックに掌握。学校共同体主義の危険を指摘し、いじめ秩序を無化する自由な学校‐社会を原理と政策において探求する。

目次

1部 いじめの社会関係とそのマクロ環境(イントロダクション―中間集団全体主義といじめ研究の射程;いじめの社会関係論;制度・政策的に枠づけられた学校の生活環境と、その枠を変更することによっていじめ問題を解決する処方箋(即効的政策提言))
2部 心理と社会の接合領域―心理社会学の構想(心理と社会をつなぐ理論枠組と集団論―デュルケムの物性論的側面を手がかりに;精神分析学の形式を埋め込んだ社会理論)
3部 権力・全能・制度(利害‐全能接合モデルと権力論そして政策構想へ;利害と全能を機能的に連結する技能―市井のバタラーに取り組むための分析枠組)
4部 自由な社会の構想と社会変革(自由な社会の構想;新たな教育制度(中長期的改革案))

著者等紹介

内藤朝雄[ナイトウアサオ]
1962年、東京に生まれる。愛知県立東郷高校を中退。山形大学、東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻博士課程を経て現在、明治大学専任講師
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

<いじめ学>の誕生! 学校トラウマから解放される書。
《世界のとらえどころ無き欠如》に始まる《全能感のもて遊び》と《集団の祝祭》の追求、《倒錯するタフネス》の変容の果てに具現するいじめ秩序の生成を、心理的構造モデルと社会秩序をつないでダイナミックに掌握。学校共同体主義の危険を指摘し、いじめ秩序を無力化する自由な学校―社会も構想する。

内藤朝雄(ないとうあさお)=1962年東京生まれ。
愛知県立東郷高校を中退。山形大学、東京大学大学院総合文化研究科国際社会科学専攻博士課程を経て現在、現在、明治大学専任講師。
論文「『いじめ』の社会関係論」1996年、「自由な社会のための生態学的設計主義」1999年、他多数。

第1章 イントロダクション―中間集団全体主義といじめ研究の射程
第2章 いじめの社会関係論
第3章 制度・政策的に枠づけられた学校の生活環境と、その枠を変更することによっていじめ問題を解決する処方箋(即効的政策提言)
第4章 心理と社会をつなぐ理論枠組と集団論―デュルケムの物性論的側面を手がかりに
第5章 精神分析学の形式を埋め込んだ社会理論
第6章 利害-全能接合モデルと権力論そして政策構想へ
第7書 利害と全能を機能的に連結する技能―市井のバタラーに取り組むための分析枠組
第8章 自由な社会の構想
第9章 新たな教育制度(中長期的改革案)