無為のデザイン

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 255p/高さ 23cm
  • 商品コード 9784887063174
  • NDC分類 757.8
  • Cコード C0070

内容説明

デザインとは、何のためにあるのか。無印良品、春秋、ハイアット・ホテル、バー・ラジオなど、「デザインの時代」を築いた反骨のインテリアデザイナー杉本貴志の初のエッセイ。

目次

駆け出しの頃
初期の仕事―バー・ラジオ
六本木パッシュラボ
バリとの出合い
ホテルの仕事
グランドハイアット東京
パークハイアットソウル
無印良品からMUJIへ
浄法寺の仏像
白磁鉢
陶磁器・李朝白磁

著者等紹介

杉本貴志[スギモトタカシ]
インテリアデザイナー。1945年東京生まれ。’68年東京藝術大学美術学部工芸科卒業後、’73年スーパーポテト設立。’85年から2010年まで「TOTOギャラリー・間」運営委員。’92年から2011年まで武蔵野美術大学造形学部空間演出デザイン学科教授。’84年度と’85年度の毎日デザイン賞、2001年のRestaurant Design of the Year、’08年のInterior Design Magazine Hall of Fame Awards 2008など受賞多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。