税制改革と売上税―そのあり方に物申す

個数:
  • ポイントキャンペーン

税制改革と売上税―そのあり方に物申す

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年03月22日 08時53分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 182p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784839416676
  • NDC分類 345.1

目次

第1部 税制の抜本的改革―「税制改革案」は、国民の期待に答えたか(「税制革命」は、これでよいのか;いま何故に売上税の導入か;所得税改革の政府原案の構想と概要;法人税改革の政府原案の構想と概要;売上税創設の政府原案の構想と概要;酒税・たばこ消費税・印紙税の改正)
第2部 売上税の導入―その正体と問題は何か(問題の多い売上税の正体と導入;売上税のアウトライン;売上税のディテール;売上税の国民生活・産業経済への影響)
第3部 真の税制改革への提言―「売上税」は、不必要である(不公平の是正が不徹底に終った税調答申;現存する不公平を残したまま増税路線へ転換する危険;先ず現行税制の公正化が先決;減税財源なら売上税は不必要)