ぶんりき文庫<br> 動く画面―とうさんさようならまた逢う日まで

個数:

ぶんりき文庫
動く画面―とうさんさようならまた逢う日まで

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ 文庫判/ページ数 157p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784883925926
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

目の前に広がる世界は、ぼくがあると思うから見え、楽しいと思うから生き生きとするのかもしれない。人間がその先を考えるから宇宙だって遠く広がっていく…。小さな人間社会でも、春一番の風のような大人の風が吹きつけ、時には冷たく気ままに吹き荒れるとうさん風や、迷いながら吹くかあさん風が、目の前で竜巻になって見える。大人になるには、そんないろんな風が吹き荒れ、その後に来る春という楽しい宇宙になるかもしれない。主人公は4人の子供たち。ちょっと切ない短編集。

著者等紹介

山野なつみ[ヤマノナツミ]
長野県長野市生まれ。現在、神奈川県に住む。日本児童文学者協会員、雑誌「いのちの篭」会員。児童文学の同人誌、詩誌「草原」に属しその編集に携わる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。