アジア「裏」旅行―180日間激闘編

個数:

アジア「裏」旅行―180日間激闘編

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 189p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784883925254
  • NDC分類 292.09
  • Cコード C0026

出版社内容情報

アジア旅行で妥協は禁物である。
ひとたび甘い顔を見せると、アジアは凶暴な一面を現し始める。特に心が弱っているときなどは最低だ。
旅行者を騙すことを生業にしている人などは、こちらの弱みをピンポイントで突く術を完全に身につけている。――
アジア旅行のベテラン平間康人による、アンダーグラウンド旅行記第2弾。今回は中央アジアのウズベキスタンやイランなどにも潜入する。そこで出会った恐るべき人々とは…。刺激とユーモアたっぷりに贈る、アジアの裏ガイドブック。

【東南アジア激闘編】
旅の始まりはバンガロー襲撃
妖気を帯びたパタヤビーチ
強制両替をすり抜けろ …etc

【中央アジア激闘編】
旅にテーマを求めて
15人のミルコ・クロコップ
「日本人はマリファナ吸うの?」
写真を撮られたがる悪徳警官 …etc

【ベトナム激闘編】
うまいもの天国 ベトナム
ニンビンの風俗は「ビッグ・シークレット」
85ドルの小冒険
お買い物マニア タダヨシ君 …etc

内容説明

アジア旅行で妥協は禁物である。ひとたび甘い顔を見せると、アジアは凶暴な一面を現し始める。特に心が弱っているときなどは最低だ。旅行者を騙すことを生業にしている人などは、こちらの弱みをピンポイントで突く術を完全に身につけている。…アジア旅行のベテラン平間康人による、アンダーグラウンド旅行記第2弾。今回は中央アジアのウズベキスタンやイランなどにも潜入する。そこで出会った恐るべき人々とは…。刺激とユーモアたっぷりに贈る、アジアの裏ガイドブック。

目次

東南アジア激闘編(旅の始まりはバンガロー襲撃;妖気を帯びたパタヤビーチ;強制両替をすり抜けろ ほか)
中央アジア激闘編(旅にテーマを求めて;15人のミルコ・クロコップ;「日本人はマリファナ吸うの?」 ほか)
ベトナム激闘編(うまいもの天国ベトナム;ニンビンの風俗は「ビッグ・シークレット」;85ドルの小冒険 ほか)

著者等紹介

平間康人[ヒラマヤスト]
1975年生まれ。浅草出身。中学3年間をイギリスのウェンブリーで過ごす。大学を卒業して、念願の旅行会社に入社するが4ケ月で退社。その後はタイ料理屋、イベント会社などを転々とし、現在はアウトソーシング会社に在籍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kyoh

2
アジアのいかにもな観光名所を外した場所について綴られた紀行文。 そんな場所につきものの危ない体験記なども、そこそこ詳しく書いてあるので、ガイド本としての活用にもいいかもしれない。 現地のこすっからい人間にうんざりしたりしながら、時には優しさに助けられたり、何に出会うかわからない一期一会の出会いに興奮することにこそ旅情を感じる人は、きっとチャレンジしたくなるんだろうな。 私は臆病者なんで行きたくならなかった。リスクの高い旅は無理そうだと感じながら読んだ。 こういう旅ができる人の素質は羨ましい。2010/06/17

hiratax

1
彩図社の黒表紙アジア旅行記シリーズは読んでしまう。著者は武勇伝ネタも多いんだが、ミャンマー旅行の記述で、地図を持たずホテルを飛び出して、疲れたら客の来なさそうな店先で甘い炭酸飲料を飲むのが最高、とあって深く頷く。タイの飲み物の思い出といえばシンハービールではなく、理科の水溶液実験のような、かき氷シロップが溶け込んだ炭酸飲料(ファンタ)だ。2013/09/22

ishicoro

0
以前ホーチミンでタクシーに乗ったときに料金でもめたことがあるけど、そういうのは中央アジア界隈では日常茶飯事な感じですね。トラブルの多い旅って最近してないのでたまにこういうトラブル満載旅日記を読むのは楽しいですね。2014/04/27

アンゴ

0
これほど立て続けにトラブルに出くわすのは、もうそういう星の下に生まれたとしか思えない。もしくは無意識にそういうものを求めて引き寄せているか。JICAの女性やベテラン風吹かすバックパッカーに対する著者の心理描写は見事。私も全く同じ経験をした。なんであんなに偉そうなんだろう。2014/03/02

ikeda-cpa

0
リスクテーカーですね。2011/03/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/412902

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。