SEのための会計知識―お客さまの業務がわかる

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 277p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784820742371
  • NDC分類 336.9
  • Cコード C2034

内容説明

各部門から全社への業務の流れと関連づけて、会計の仕組みを説明した。売上・仕入などの業務ごとに、業務のフローと仕訳の流れを用いて、情報システム上の処理と会計の知識が、どのように結びついているかを対照させて具体的に説明した。業務ごとに、まず業務の全体像をフローと各部門の役割を示して把握させ、それぞれの作業における会計帳簿・管理用帳票や台帳、仕訳を具体的に示したうえで、それがどこにつながっているのかを、きちんと理解できるように詳細な図版で説明した。各業務の最後に、本文中に登場した仕訳データをまとめ、それらの仕訳がP/L、B/Sとどういう関係にあるのかをきちんと説明した。

目次

第1章 会計の基礎知識(会計の目的;財務諸表;会計と法令;簿記の基礎;会計業務に関連するシステムの特徴)
第2章 業務の基礎知識(売上・回収;仕入・支払;経費精算;人件費;固定資産;在庫管理;原価計算;資金管理;月次決算;年次決算;予算管理)
第3章 連結決算の基礎知識と業務(連結財務諸表;連結決算業務)

著者等紹介

篠田昌典[シノダマサノリ]
愛知県出身。慶応義塾大学総合政策学部卒業後、トーマツコンサルティング株式会社に入社。現在、同社シニアマネジャー。経営管理基盤の確立を目的とした管理会計などの制度の導入、ITの活用を前提とした業務改善を中心とし、幅広くコンサルティング業務に携わる。また、IT業界の人材教育にも従事

栗原直樹[クリハラナオキ]
東京都出身。東京理科大学理学部卒業後、金融系シンクタンクに入社。現在、トーマツコンサルティング株式会社マネジャー。日本証券アナリスト協会検定会員。戦略・組織・業務革新・IT戦略や株式公開支援等、幅広くコンサルティング業務に携わる。IT業界の人材教育・育成やコンテンツ開発などにも従事
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。