ボバースコンセプト 実践編―基礎、治療、症例

個数:

ボバースコンセプト 実践編―基礎、治療、症例

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ キガイ判/ページ数 303p/高さ 24cm
  • 商品コード 9784882828662
  • NDC分類 493.73
  • Cコード C3047

内容説明

片麻痺、外傷性脳損傷、脊髄損傷後に生じる中枢運動障害、多発性硬化症、パーキンソン病、運動失調、顔面と口腔部位の障害―これらの症状に対する治療に関し、実際の臨床現場の写真を多数用いながら、長年にわたる実績をわかりやすく説明。バランストレーナーやバイブロスフィア、トレッドミルといった技術的な補助具を使用しながらボバース治療をより効果的に展開する方法も紹介する。

目次

基礎知識
片麻痺患者の典型的な問題と治療
頭部外傷患者における典型的な問題と治療(後期)
失調患者における典型的問題と治療
脊髄の不完全損傷患者の典型的な問題と治療
多発性硬化症患者へのボバース概念に基づいた治療の糸口
パーキンソン病患者へのボバース概念に基づいた治療の糸口
顔面と口腔における機能障害
24時間マネージメントと自主活動の提案
異なる診断のもと類似した症状を治療する際の共通点と特殊な相違点
理学療法の補装具
セラピストが常に抱く容易に回答できない質問

著者等紹介

ロールフス,ベッティーナ・ペート[ロールフス,ベッティーナペート] [Rohlfs,Bettina Paeth]
理学療法士。国際ボバース講習会講師会議認定シニアインストラクター。ボバースインストラクターとしてスペインの診療所で勤務

新保松雄[シンボマツオ]
順天堂大学医学部附属順天堂医院リハビリテーション室技師長。1991年アジア小児ボバース講習会講師会議認定インストラクター、1993年国際ボバース講習会講師会議認定インストラクター、2003年アジア小児ボバース講習会講師会議認定シニアインストラクター取得後、2009年に国際ボバース講習会講師会議認定アドバンスインストラクターとなる

大橋知行[オオハシトモユキ]
森之宮病院名誉副医院長。理学療法士。24年にわたり、リハビリテーション医療に取り組んできたボバース記念病院を母体として開院した森之宮病院のリハビリテーション部を率いる。アジア小児ボバース講習会講師会議認定シニアインストラクター、国際ボバース講習会講師会議認定インストラクター。大阪府理学療法士連名会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。