未病を治す薬膳酒―自分で作る美味しいお酒

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 143p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784879547682
  • NDC分類 498.58
  • Cコード C0077

内容説明

頭痛、肩こり、冷え、便秘、不眠、貧血、疲れ目、むくみ、月経前症候群(PMS)、月経不順、プレ更年期、イライラ、クマ・シミ、白髪・抜け毛など。「薬膳酒」で、気になる不調を改善。チェックテストで体質を知り、自分に合った薬膳酒がわかる。漬け込む素材が体の中でどう作用するか、漢方の考え方も解説。

目次

第1章 漢方の考え方を知り、体質に合った薬膳酒を見つけましょう。(まずは、体質をセルフチェック!;体調別不調のシグナル)
第2章 はじめてでも簡単。身近な素材で薬膳酒を作りましょう。(乾物酒;ハーブ酒;野菜酒;果実酒;複方酒)
第3章 毎日少量ずつ気長に体質改善。薬膳酒を楽しみましょう。(相性のいい薬膳酒と巡り合うために)

著者等紹介

渡邉修[ワタナベオサム]
果実酒薬酒研究家。茨城大学農芸化学科卒業。大手食品メーカーの商品開発として15年間勤務の後、かねてから興味のあった薬酒の研究を始め、手作りの薬酒や果実酒を提供する店を開業。今までに作った薬酒は、およそ1000種類。現在、群馬県中之条町の「自然と健康の郷薬王園」にて、一部を常設展示中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。