この命守りたかった―検証/木谷公治君の過労自殺

個数:

この命守りたかった―検証/木谷公治君の過労自殺

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ B6判/ページ数 231p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784876995677
  • NDC分類 366.99
  • Cコード C0036

内容説明

本書は、仕事に疲れて命を断った24歳の青年の死の記録である。そして、死の真相を知りたいと、悲しみの底から立ち上がった母親の闘いの足跡である。

目次

第1章 命を断った日(明るいスポーツマン;「やりがいがある」職場 ほか)
第2章 労災認定(広島県労連の「労働110番」;真相の解明なしに息子は浮かばれない ほか)
第3章 母の訴え(第一回口頭弁論での意見陳述;全国に広がる母の訴え ほか)
第4章 過労自殺(広島中央労基署が労災認定;過労死弁護団も「大きな意義」を強調 ほか)
第5章 勝利判決(証人尋問が始まった;現場労働者の過重負担によってもたらされた増産 ほか)

著者等紹介

広田研二[ヒロタケンジ]
1950年名古屋市に生まれる。1974年中央大学法学部卒業。出版社勤務を経て、現在フリージャーナリスト。「労働法律旬報」1997年10月10日号から1999年6月25日号まで「労働環境はどうなるのか」連載。労働問題、社会問題を中心に取材、執筆活動
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。