自動車用エンジンの冷却技術

個数:

自動車用エンジンの冷却技術

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月23日 10時37分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 172p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784876873845
  • NDC分類 537.2
  • Cコード C2053

内容説明

どんなにエンジンの改善が進み、新システムが採用されても、使用される地域や、高速走行、渋滞走行等のさまざまな走行条件において、それらを適温に保ち、支障が出ない冷却システムが必要不可欠である。本書では、一貫して車両冷却・熱害実験に従事してきた著者が、自動車用エンジンの冷却性能に絞って、実例を示しながらわかりやすく説明する。

目次

第1章 エンジンの熱発生源(冷却水放熱量(冷却水に放出される熱量)
潤滑油放熱量(潤滑油に放出される熱量))
第2章 冷却メカニズム(冷却系部品;通気率)
第3章 熱発生源に影響する要素(車両諸元;使用環境条件;熱発生源に影響する要素まとめ)
第4章 オーバヒートとその対策の変遷(オーバヒートとは;1960年代のオーバヒート;不凍液によるオーバヒート;通期率低下によるオーバヒート;レース用エンジンのオーバヒート;その他のオーバヒート;オーバヒートを未然に防ぐための手法)

著者等紹介

橋本武夫[ハシモトタケオ]
1938年東京都杉並区生まれ。1957年富士精密工業(株)入社。自動車エンジンの車両冷却実験に従事。1966年プリンス自動車工業(株)と日産自動車(株)の合併後も、日産自動車(株)にて一貫して車両冷却・熱害実験に従事。1987年日本サーモスタット(株)に出向。技術開発部にて、サーモスタット、サーモスイッチ等の実験に携わる(~1998年)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。