「心いじり」の時代―危うさとからくりを読み解く

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 334p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784876723263
  • NDC分類 145
  • Cコード C0036

内容説明

もう「心理主義」「市場原理」に振り回されない!され放題、いじられ放題から脱する知の探求。本書では、教育、医療、福祉、労働、政治、経済等々…。あらゆる生活領域が、いかに強者・識者・メディア主導の言説で構成されているかを捉える。そして、それらの支配的言説を吟味し直し、生活知再興への活路を見い出していく。

目次

1部(日常化する「心いじり」;「心いじり」に群がる諸相)
2部(危機を煽る社会―「心いじり」の危うさ;パターナリズムという陥穽;「心いじり」の時代―その先へ)

著者等紹介

大森与利子[オオモリヨリコ]
1948年静岡県生まれ。立教大学大学院文学研究科博士前期課程修了。心理治療機関・大学学生相談室・地域相談センター等の相談員、関東学院大学・人間総合科学大学等の非常勤講師を経て、現在は時代分析・社会評論に取り組んでいる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。