実業之日本社文庫<br> 彼女。―百合小説アンソロジー

個数:
電子版価格
¥990
  • 電書あり

実業之日本社文庫
彼女。―百合小説アンソロジー

  • ウェブストアに45冊在庫がございます。(2024年04月22日 16時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 496p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784408558714
  • NDC分類 913.68
  • Cコード C0193

出版社内容情報

話題沸騰の傑作アンソロジー待望の文庫化!


百合って、なんだろう。

彼女と私、至極の関係性。“観測者"は、あなた。


新学期初日、彼女を見つけた。窓際の一番後ろの席でうたたねしている姿から目が離せなくなった…(「椿と悠」)。なぜ最強の姉妹は近付く“観測者”を片っ端から殺していくのか。彼女たちを追い異国の地へ…(「恋澤姉妹」)。百合――女性同士の関係性をモチーフに豪華作家陣が描く珠玉の七編とそれを彩る七点のイラスト。究極のコラボレーションが実現!



相沢沙呼「微笑の対価」/扉イラスト 清原紘

青崎有吾「恋澤姉妹」/扉イラスト 伊藤階

乾くるみ「九百十七円は高すぎる」/扉イラスト 郷本

織守きょうや「椿と悠」/扉イラスト 原百合子

斜線堂有紀「百合である値打ちもない」/扉イラスト たいぼく

武田綾乃「馬鹿者の恋」/扉イラスト けーしん

円居挽「上手くなるまで待って」/扉イラスト toi8

カバーイラスト/100年
カバーデザイン/円と球

内容説明

新学期初日、彼女を見つけた。窓際の一番後ろの席でうたたねしている姿から目が離せなくなった…(「椿と悠」)。なぜ最強の姉妹は近付く“観測者”を片っ端から殺していくのか。彼女たちを追い異国の地へ…(「恋澤姉妹」)。百合―女性同士の関係性をモチーフに豪華作家陣が描く珠玉の七編とそれを彩る七点のイラスト。究極のコラボレーションが実現!

著者等紹介

織守きょうや[オリガミキョウヤ]
1980年ロンドン生まれ。2013年『霊感検定』でデビュー。15年「記憶屋」で第22回日本ホラー小説大賞読者賞を受賞。同作に始まる“記憶屋”シリーズは累計60万部を突破している。2021年『花束は毒』が第5回未来屋小説大賞に選ばれる

青崎有吾[アオサキユウゴ]
1991年神奈川県生まれ。明治大学文学部卒業。2012年、『体育館の殺人』で第22回鮎川哲也賞を受賞しデビュー

武田綾乃[タケダアヤノ]
1992年京都府生まれ。第8回日本ラブストーリー大賞最終候補作に選ばれた『今日、きみと息をする。』が2013年に出版されデビュー。『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ』はアニメ化され、人気シリーズに。2021年には『愛されなくても別に』で第42回吉川英治文学新人賞を受賞

円居挽[マドイバン]
1983年奈良県生まれ。京都大学推理小説研究会出身。2009年『丸太町ルヴォワール』(講談社BOX)でデビュー

斜線堂有紀[シャセンドウユウキ]
1993年秋田県生まれ。上智大学卒業。2016年、『キネマ探偵カレイドミステリー』で第23回電撃小説大賞メディアワークス文庫賞を受賞してデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

34
彼女と私の至極の関係性。百合と何か?その問いに7人の作家たちがそれぞれ挑む連作短編アンソロジー。お節介な委員長と少し変わった大人しい少女が密かに抱えているすれ違う想い。好きだった人の死の理由を探るために挑む絶望。愛してくれた人を失って初めて気づいた想い。久しぶりの再会と筆を折った理由。並び立つための整形手術。憧れの先輩が九百十七円で買ったもの。疎遠だった二人を再び結びつけたもの。なかなかハードな展開の中で彼女たちのうまく伝わらない、伝えられないもどかしい繊細な想いが印象に残る鮮烈な短編集になっていました。2024/02/05

ホシナーたかはし

18
改めて。帯の文句「百合ってなんだろう」に惹かれて購読。今回の短編に、同性を好きになったどうしよう、て葛藤が一切なかったのが気になりました。読み進めていくと「椿と悠」は両片想い以前、「恋澤姉妹」は当人たちには当たり前な行為を奇異の目で見るなって忠告、それこそ百合ってこういうことか?て思うところがちらほら、ただ概ね面白く読みました。1作品読むのに何故か精神力がガリガリ削られる・・・2024/02/20

15
スペクタクルサスペンス、エンターテイメントを秘めた素晴らしいお話の数々。夢中で読みました。特に好きだったのは青崎有吾さんの[恋澤姉妹] 武田綾乃さんの[馬鹿者の恋] 斜線堂有紀さんの[百合である値打ちもない] 相沢沙呼さんの[微笑の対価] とても上質な百合アンソロ。 秘めた恋心、2人だけの世界、あなたに相応しくありたい、あなたが欲しい。 毒々しく痛々しい、でもどうしょうもなく愛おしい。 様々な百合達の虜になります。2024/02/19

flower0824_

14
百合小説アンソロジー。武田さん、円居さんが初読み。百合小説を読むのは初めてです。トップバッターの織守きょうやさんはクラス委員長と周りに馴染めていない帰国子女が、お互い仲良くなりたいのに上手く伝わらなくて…という王道っぽいかわいい話。しかし人気作家が揃ってるだけあって、美しい容姿や特別な才能に惹かれ、相手への憧れや嫉妬、依存、束縛といった話が続いてだんだん重くなっていく。青崎有吾さんの世界観と結末には衝撃を受けました。斜線堂有紀さんのプロゲーマーの承認欲求はすごく苦しかったです。2024/03/24

みどり

9
この作家陣で、単なる「百合小説」のオンパレードになるとは思わなかったけれど、当然のようにミステリ色が強い短編の数々。百合と一言で表すより、タイトル通り「彼女」と表すのが正しい作品群。それぞれの、作家さんの特色がよく出ていたと思う。私は「恋澤姉妹」の意味不明な内容が結構好みだったし、「百合である意味も無い」も残酷なまでの外見についての話も好きだった。女同士だからこそ、残酷にも優しくもどちらにも極端に振れるんだろうなと納得した。2024/02/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21728076
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。