Art Box/galleryシリーズ<br> 樹想

個数:

Art Box/galleryシリーズ
樹想

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B5判/ページ数 1冊(ペ/高さ 21cm
  • 商品コード 9784872988031
  • NDC分類 748
  • Cコード C3070

内容説明

ファインダーをのぞき、絵筆をとり、それぞれの想いを刻みこむ。移りゆく四季を追った、北海道・信州、垣内直介・光子二人の旅路。

著者等紹介

垣内直介[カキウチナオスケ]
1920年東京生まれ。1941年12月東京大学工学部繰り上げ卒業。軍務に就き敗戦後シベリアに抑留。復員後垣内商事に勤務。1948年結婚。1980年『四季の詩・軽井沢』(講談社)を出版。現代美術家協会会員。2002年没(享年82)

垣内光子[カキウチミツコ]
1926年東京生まれ。1938年四条派跡見玉枝主宰の精華会に入門。玉笙の画号を受く。1943年青山学院高等女学部卒業。戦時中内閣情報局に勤務。敗戦後外務省に勤務。1948年結婚。二代目山口玉糸、三代目田中玉紅に師事。誠和染色教室で友禅染を習得。1977年「笙彩会」を主宰し隔年銀座で作品展を催す(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。