角川スニーカー文庫<br> 隣の席の中二病が、俺のことを『闇を生きる者よ』と呼んでくる

個数:
電子版価格
¥726
  • 電書あり

角川スニーカー文庫
隣の席の中二病が、俺のことを『闇を生きる者よ』と呼んでくる

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年04月19日 14時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 288p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784041129876
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

秘密の任務を請け負って高校に潜入した暗殺者・黒木猫丸は驚愕した。
「待っていたぞ、私と同じ闇を生きる者よ!」
謎の少女が他の人間とは一線を画するオーラで呼びかけてきて――
お前が俺の標的(ターゲット)“紅竜(レッドドラゴン)”なのか!? (※いえ、ただの中二病です)

寝言で猫丸の名を呼ぶのも、手作りのお弁当をお裾分けしてくるのも、普段は不敵で仰々しいくせに時折無邪気な笑顔を見せてくるのも、俺を油断させるためだとでもいうのだろうか……!

一方、竜姫紅音も勘違いしていた。「私と同じ中二病の同志と巡り合えるなんて……」(※いえ、本物の暗殺者です)

中二病と暗殺者。なにもかも違うのに「闇の住人」同士は惹かれあう!

内容説明

秘密の任務を請け負って高校に潜入した暗殺者・黒木猫丸は驚愕した。「待っていたぞ、私と同じ闇を生きる者よ!」謎の少女が他の人間とは一線を画すオーラで呼びかけてきて―お前が俺の標的『紅竜』なのか!?(※いえ、ただの中二病です)寝言で猫丸の名を呼ぶのも、手作りのお弁当をお裾分けしてくるのも、普段は不敵で仰々しいくせに時折無邪気な笑顔を見せてくるのも、俺を油断させるためだとでもいうのだろうか…!一方、竜姫紅音も勘違いしていた。「私と同じ中二病の同志と巡り合えるなんて…」(※いえ、本物の暗殺者です)中二病と暗殺者。なにもかも違うのに「闇の住人」同士は惹かれあう!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

40
暗殺任務を請け負い高校に潜入した暗殺者・黒木猫丸。彼が他の人間と一線を画すオーラで呼びかけてきた中二病の少女・竜姫紅音と出会う青春ラブコメ。中二病の痛い言動の紅音を伝説の暗殺者レッドラゴンと勘違いした猫丸。紅音もまた同志と勘違いして猫丸をブラックキャット呼ばわりする展開で、すれ違ったままLINEのやり取りから難儀したり、テスト対策やデートでも数々の騒動を巻き起こすお騒がせな二人でしたが、迷走しがちな紅音をフォローする親友コマコマもいい感じに効いていて、それでもいろいろ前途多難な二人のこれからが楽しみです。2022/12/02

オセロ

36
朱竜と呼ばれる殺し屋を仕末する為に、標的が潜んでいるという高校に潜入することになった殺し屋の黒木猫丸が、中ニ病を拗らせた竜姫朱音と出会い始まる物語。 黒木は朱音のことを標的だと勘違いして朱音の中ニ病発言をいちいち間に受けてしまうし、朱音は黒木を中ニ病仲間が増えたと勘違いするはで、絶妙にすれ違う2人のやり取りはまるでコントのようでした。 そんな2人を常識人の九十九はどう思っているのかも気になるところではありますが、それ以上に、朱音に芽生えた気持ちが黒木に届いたらどんな反応を見せてくれるのか気になります。2022/12/03

わたー

26
★★★★☆正体不明の殺し屋レッドドラゴンを始末する命を受けて高校に通うことになった主人公。彼が転入したクラスには、自らをレッドドラゴンと称する中二病の少女がいたことから始まる勘違いラブコメ。片や相手のことを自分と同じ裏社会の住人だと思い込み、片や相手のことを自分と同じ空想を愛する人物だと思い込むという、コンセプトが非常に良かった。我々読者が、絶望的なまでにすれ違う二人をコントを見るかのように楽しめる構図になっているのも物語の見せ方が上手いなと。2022/12/06

まっさん

23
★ スニーカー大賞特別賞受賞作品。 読む前からこれは作中のテンションが合うか合わないかで満足度が大きく別れるだろうなと思っていましたが、物の見事に予感は的中。残念ながら合わない方で当たってしまいました。 物語は凄腕の暗殺者として日々任務に明け暮れる少年・猫丸が、とある任務で潜入した学校で不思議な言動の少女・紅音と邂逅する所から始まるお話でした。片や凄腕の暗殺者で相手を伝説の暗殺者と勘違いする少年と、片や正真正銘ただの中二病で相手を自分と同類と勘違いする少女のすれ違いを描くコメディ作品。紅音からの矢印→2023/04/15

サキイカスルメ

22
暗殺者ブラックキャットとして生きてきた黒木猫丸(くろきねこまる)。レッドドラゴンを自称する中二病の少女竜姫紅音(たつきあかね)。本物と中二病が出会った時、壮絶な勘違いコメディが始まる……!!2人のシュールなすれ違いが面白かったです。ヒロイン竜姫のワードを出すタイミングが完璧すぎるのよ。今のところラブ展開は、竜姫サイドのみ。素に戻って乙女モードになる竜姫が可愛かったです。お友達コマコマとの仲良しなやり取りがよかった。コマコマの理解力や優しさがすごい好き。いつ猫丸は真実(笑)に気が付くのか、続きが楽しみです。2022/12/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20363816
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。