ママのスマホになりたい

個数:

ママのスマホになりたい

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年02月23日 08時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 1冊(ペ/高さ 27cm
  • 商品コード 9784872909463
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

出版社内容情報

ママ、ボクのこと、ちゃんと見てくれてる?

子どもの本当の気持ちに気づける絵本

お料理が終わると、スマホ。赤ちゃんをあやした後は、スマホ、テレビを見た後は、スマホ……。スマホばっかり見てて、全然自分のことを見てくれない、と困っているカンタロウ君がしたこととは……。
人気絵本作家・のぶみが描く、ママがわが子をぎゅっと抱きしめたくなる、ちょっぴり切なくて、あたたかい絵本。

のぶみ[ノブミ]
1978年東京生まれ。今までに180冊以上の絵本を手がける。中でも、「よわむしモンスターズ」(講談社)は、NHKの番組「みいつけた」でアニメ化、30万部を超えるベストセラーに。また、「ぼく、仮面ライダーになる」(講談社)は、シリーズ6作で20万部超の人気。「ママがおばけになっちゃった」(講談社)は40万部を超える大ベストセラーとなり社会現象にもなった。その他に「しんかんくん」シリーズ(あかね書房)、「おひめさまようちえん」(えほんの杜)「でんしゃマン」、「おばかおおかみ、ママになる」(小社刊)などを手がけている。

内容説明

「ママね、かんたろうがおもってるよりず~~っと、かんたろうのことがすきなのよ」ちょっとだけ、スマホを置いて、子どもの顔を、見てみよう。そこには、気づかなかった笑顔がいっぱいあるはず。世界中が感動した、シンガポールの小学生の作文『スマホになりたい』を元に、人気絵本作家・のぶみが描く、全国のママに読んで欲しい一冊!

著者等紹介

のぶみ[ノブミ]
絵本作家。過去、160冊絵本を出版。内閣府の「すくすくジャパン」キャラクター作画も担当。福島の子ども達の応援をするために、個人で制作したキャラクター「あたまがふくしまちゃん」は、ゆるキャラグランプリ2013で、東北1位に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

紫 綺

117
見てないようで、こどもは見ている。パパ、ママ、ご注意を!!2016/11/27

ゆみきーにゃ

84
タイトル借り。子どもとの時間の時はなるべくしないようにしているつもりだけどついつい触ってしまう。娘ごめんよ。。。2020/10/17

mariya926

79
気になっていて読めました。ママはテレビを観ていてCM中はスマホを見て、それ以外は赤ちゃんを見ている。それじゃあ僕は??ってお話でした。私も息子がママのスマホになるのが夢であるって言わないように、ちゃんと目を見ながら接しないとって思いました。それにしても僕は健気で可愛い♡2017/06/20

ずっきん

65
もとはシンガポールの小学一年生の作文らしい。なるほど。親に向かってくる内容なわけだ。子供の叫びを受け止めよってか。2020/10/10

62
ママのスマホになりたいという事である。私なら若いママのブラジャーになりたいのだが(絵本のレビューに相応しくない発言で申し訳ない)。主人公は幼稚園児かんたろう君。スマホばかり見て自分の事を見てくれないママに対して上げたかんたろうの反逆の狼煙が凄い。室内に電波の届かない国を作ったのだ(笑)。私は母の無い子であったので、ここまで母を恋うる気持ちはいまいちよくわからないが、それに応えるママの姿が甘美に思えた。私の人生で余り味わった事がない類いの愛情である。自分の好きな人からたっぷりと愛情を貰う体験、大切である。2017/02/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11077388
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。