接客は利休に学べ

個数:

接客は利休に学べ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月20日 06時50分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 223p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784872906639
  • NDC分類 673.3
  • Cコード C0036

内容説明

業績不振のイタリアンチェーン店を、利休が接客コンサルタントとして甦らせる!「もてなし」の精神を社員に教育するため、「マニュアルを捨てよ」「自分らしい接客を」と説く利休の「現場改革」に、社員達は…。利休の教えで企業、社員、そして接客は変わるのか…。

目次

第1章 利休がしかけたもてなし(謝罪からもクレームは生まれる;もてなしには「種明かし」がある)
第2章 利休が語った接客哲学(良い接客は、組織の意思統一から;利休七則は、日本人のこころである;優秀な接客者は、自ら学ぶ)
第3章 利休の教えた接客サービス(コップ一杯の水にも、まごころを;顧客満足とは顧客「が」自分の意志で満足すること;接客にも、ちょうど良い加減がある)
第4章 利休が流した涙(責任者が休むから、現場が育つ;顧客満足を自分視点で考えない)
第5章 利休の唱えた戦略(もてなしは、日本にしか無い感覚;上質な接客は「十分な待遇」から;感動させずとも、リピーターは作れる;初心での接客が最良の師である)

著者等紹介

小早川護[コバヤカワマモル]
大手旅行会社設立メンバーだった父と、裏千家茶道師範の母のもと、兵庫県芦屋市で育つ。大学卒業後、飲食業、流通業、製菓製造販売業など、対面接客や営業職に携わりつつ、従来「接客、もてなし」の現場で常識とされてきた接遇、接客マナーに疑問を抱き、茶道をマネジメント的な観点から研究する。2006年、接客コンサルタントとして起業。関西を中心に、販売業、アパレル業、飲食店舗などのコンサルティングに関わる。セミナーや研修は、現場の管理に悩む経営者から支持を得ている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

茶人・千利休が、飲食店チェ-ンの接客コンサルタントとして活躍する新感覚の接客本。

「おもてなし」の精神を社員に教育するため、<利休七則>をベースに「マニュアルを捨てよ」「自分らしい接客を」と説く利休の「現場改革」に、社員達は…。利休の教えで企業、社員、そして接客は変わるのか!?――物語で利休の唱える接客道が身に付きます。
茶道から生まれた「接客」。利休だけが知っている接客で売上げを上げる方法伝授します。経営者から接客従事者まで、マニュアルを超えたもてなしをしたい人必読です。

<利休七則とは>
一、茶は服のよきように点て
二、炭は湯の沸くように置き
三、花は野にあるように
四、夏は涼しく冬暖かに
五、刻限は早めに     
六、降らずとも雨の用意
七、相客に心せよ

◎目次
第1章:利休がしかけたもてなし
第2章:利休が語った接客哲学
第3章:利休の教えた接客サービス
第4章:利休が流した涙
第5章:利休の唱えた戦略

【著者紹介】
小早川護(こばやかわ・まもる)
1977生まれ 芦屋在住
大手旅行会社設立時のメンバーであった父と、裏千家茶道師範の母のもと、兵庫県芦屋市で育つ。大学卒業後、飲食業、流通業、製菓製造販売業、など対面接客や営業職に携わりつつ、従来「接客、もてなし」の現場で常識とされてきた接遇、接客マナーに疑問を抱き、茶道をマネジメント的な観点から研究する。2006年、接客コンサルタントとして起業。関西を中心に、販売業、アパレル業、飲食店舗などのコンサルティングに関わる。セミナーや研修は、現場の管理に悩む経営者から支持を得ている。
「接客維新」代表。http://sekkyaku.jp/