「伝わる」技術―オトデザイナーが教える!話ベタでもたちまち相手とつながれる!会話のテクニック

個数:

「伝わる」技術―オトデザイナーが教える!話ベタでもたちまち相手とつながれる!会話のテクニック

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 207p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784872905670
  • NDC分類 809.4
  • Cコード C0036

出版社内容情報

話すことに「受け身」な人が、しゃべりで損している状況から抜け出せるようになる!
聴覚心理の専門家内だけでとどまっていた話が、
”誰でも生かせるテクニック”として本にまとまりました!

20代男女ビジネスパーソンに聞いた職場での人間関係の悩み第1位は
「みんながしている会話に入れなかった(26%)」というもの。
そんな人におすすめなのが「言葉の立ち上がり」に気をつけて、「オトマトペ」をマスターすること!
その他、相手・状況別具体的テクニック満載!

「自分の話が相手にどう聞こえるか」を知れば、少ない言葉で効果的なやりとりができる!

第1章 誰とでもスムーズに会話をするテクニック
聞き方を見直すことで良い会話を実現できる
「耳」はあなたの最強の武器
早口の人・はっきりしない話し方の人の場合
言葉の立ち上がりがわかる!トレーニング法
「聞く」ことで脳が活発に動く!
相手が年配の人・若い人の場合
人の話がよく聞こえない…と感じたら
相手が異性(男性・女性)の場合
聴覚の能力に男女差はない?

collumn1音と周波数の話
collumn2耳のメカニズム

第2章 どんな場所でも会話がうまくいくテクニック
混み合った喫茶店でのテクニック
音は耳だけではなく目でも聞く
居酒屋でのテクニック
騒がしい場所で会話が成り立つわけ
電話でのテクニック
電話だと誰の声か聞き分けにくいわけ
シーンとした場でのテクニック
シーンとしてしまう場には”川のせせらぎの音”がおススメ

第3章 会話を円滑にして人との絆を強める!
絆を強めるにはまず「聞く」が大事!
良いチームワークを構成するためのテクニック
自分の意見の方向にまとめるテクニック
その場の空気を読むテクニック
感情的にならないためのテクニック
どんな音がする?(部屋の中の騒音を知っておこう)
家具の配置と壁や床の材質は?(残響を意識しよう)

collumn3ソラミミで聞き取りトレーニング

第4章実践!どんな場合でもうまくいく会話のコツ
その1いつでもどこでも会話に困らない
その2初対面・苦手な人とも会話できる
その3プレゼン・商談がうまくいく
その4多くを語らなくても信頼される
その5相手から「また会いたい」と思われる
会話で困ったら…お役立ちQ&A

おわりに
参考文献

【著者紹介】
工学院大学大学院電気工学専攻修了。リオン株式会社に入社し、
聴能技術部にて補聴器の研究・開発に従事する。
リオン株式会社退社後、2006年、オトデザイナーズを創業。
任天堂とオトデザイナーズの共同開発Wiiソフト「キキトリック」が、
2012年1月に任天堂から発売されている。
岩手県立大学客員教授も兼任。

内容説明

オノマトペをマスターしよう!相手の唇に注目しよう!言葉の立ち上がりに気をつけよう!空気を聞こう!…など“聴覚心理のプロ”のワザで、会話の悩みはスーッと解消。

目次

第1章 誰とでもスムーズに会話をするテクニック(聞き方を見直すことで良い会話を実現できる;早口の人・はっきりしない話し方の人の場合 ほか)
第2章 どんな場所でも会話がうまくいくテクニック(混み合った喫茶店でのテクニック;居酒屋でのテクニック ほか)
第3章 会話を円滑にして人との絆を強める!(絆を強めるにはまず「聞く」が大事!;良いチームワークを構成するためのテクニック ほか)
第4章 実践!どんな場合でもうまくいく会話のコツ(いつでもどこでも会話に困らない;初対面・苦手な人とも会話できる ほか)

著者等紹介

坂本真一[サカモトシンイチ]
株式会社オトデザイナーズ代表取締役。1989年工学院大学電気工学科を卒業し、1991年工学院大学大学院電気工学専攻を修了。同年リオン株式会社に入社し、聴能技術部にて補聴器の研究/開発に従事する。工学博士/技術経営修士(MOT)。リオン株式会社退職後の2006年より株式会社オトデザイナーズの代表取締役に就任。現在は、オトデザイナーズの職務の他、岩手県立大学にて客員教授、長野医療衛生専門学校言語聴覚士学科にて講師として学生の指導も行なっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

のし

13
伝えることは、相手が何を求めているのか考えないと伝えることもできない。人生そのものが、相手あってこそ。気を使うのでなく気を配る。そこに、伝える本質があるんじゃないかと思いました。2014/08/03

ハル

8
“伝わる”というと話し方や表現の仕方、その技術や工夫を思い浮かべてイコールで結んでしまう。本書の“伝わる”は聞くことから考える。聞こえる仕組みや、音が心身に与える影響。話し手の満足のためだけでなく聞き手の想いを汲んで話すことも大切。人は相手を信頼して初めて話を聞く。そのために先ずこちらが聞き手になる。理解しようとする姿が鏡になり、不器用でも数少ない言葉でも伝わるようになる。実は“聞く”は“話す”より難しい。けれど意識さえすれば気軽に試せる。“伝わる”を体感するため日常のいろんな音に耳を澄ませてみようか。 2019/09/21

柏葉

5
読み始めてから聞き取りの本だと知り、穏やかならぬ気持ちで読み進めた。タイトルは「『伝わる』技術」だけど、聞き取りの大切さを説き、コミュニケーションのコツを伝えている本。 2012/07/16

城 マリカ

1
中度難聴でコミュニケーションに苦手意識があるため本書を手に取りました。難聴と補聴器の研究をされてきた著者が、音そのものや聴覚のはたらきを聴覚心理学にまで高め、専門的なことを驚くほど易しい言葉でわかりやすく教えてくれ、多様なパターンでの対人関係を円滑にするための実用的なコツが色んな角度から説かれていて助かります。全200頁に収められたコミュニケーション技術ですが、ここから集約されるのは『大切なのは話すことではなく聞くということであり、それはすなわち「相手に興味をもつ」ことである』、これに尽きます。2013/05/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4847362

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。