ポテチを異常に食べる人たち―ソフトドラッグ化する食品の真実

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 215p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784872904734
  • NDC分類 498.5
  • Cコード C0036

内容説明

なぜ、スナック菓子おいしいのか?知らず知らず、とりこになっている人をはじめ、食べたくてどうしようもない人もいれば、やめられなくて罪悪感に苦しむ人も…人を「やみつき」にさせる危険な力をもつ食品と、われわれはどう付き合っていけばいいのか。

目次

1 「真夜中に“飲むように”食べたい」
2 おいしいというより気持ちいい!
3 「毒」ほどストレスを癒やしてくれる
4 やめられないのにスリムだから怖い
5 「ポテチ依存症」にならないためには?
6 子どもの健康と味覚が危ない!

著者等紹介

幕内秀夫[マクウチヒデオ]
管理栄養士。東京農業大学栄養学科卒業。フーズ&ヘルス研究所主宰。その土地ならではの食文化を生み出した風土・文化・歴史などを調査し「FOODは風土」を実感、提唱。帯津三敬病院において食事相談をおこなうほか、全国各地の社員食堂や学校給食の改善活動にも奔走中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。