湯川秀樹 量子力学序説

個数:
  • ポイントキャンペーン

湯川秀樹 量子力学序説

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年07月14日 01時09分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 422p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784872597332
  • NDC分類 421.3
  • Cコード C3042

内容説明

湯川が何を考え、誰に何を教えたかったのかを、読み取ることのできる教科書。序文には「工学の諸分野や、生物学・生理学・心理学ないしは哲学までにも重大な影響を及ぼしつつある」と記されている。量子とはなにか、真の姿を知ったうえで学ぶのに最適である。

目次

第1章 量子論の発達
第2章 波動力学の概観
第3章 行列力学の方法
第4章 量子力学の基礎概念
第5章 一般理論
第6章 摂動論および衝突論
第7章 多体問題および輻射論
第8章 相対論的電子論
付録

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

roughfractus02

11
2021年に復刊された本書は1947年の刊行、54年の改訂、71年の新装版を経た大学生向けの量子力学の教科書である。一つの学問領域としてではなく、世界を把握するフレームとして物理学を扱う著者の姿勢が窺える本書は、化学のみならず、工学、生物学、生理学、心理学、哲学にも影響を及ぼしつつある量子力学が、知識を相対的とし、客観性を確率的に捉え直す非決定論であると繰り返し強調される。構成は量子論の発展に始まり、相対性理論の電子論に及ぶ本論と古典力学を中心とした付論から成る。シャノン以前であり情報通信論の言及はない。2022/03/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18335916
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。