アホ腰抜けビョーキの親米保守

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 258p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784870315648
  • NDC分類 319.105
  • Cコード C0095

内容説明

僕たち二人が「日本」の名誉を守る最後の「保守」だ!現代日本のポチ思想家、ポチ言論人、ポチ知識人の俗説・妄言への思想的挑戦としての、叡智の至言。

目次

はじめに 「親米保守派」に始末をつける!
第1章 「親米」という不作法
第2章 「保守の神髄」を知らぬアメリカ
第3章 「国益」が魔語となる時代
第4章 「国際法」を蹂躙する世界主義
第5章 「帝国主義」の亡霊に憑かれた新世紀アメリカ
第6章 底の抜けた「自由・民主」の文明
第7章 「大量破壊兵器」をもてあそぶアメリカ帝国
第8章 「日本国憲法」を一色で染めあげた単純アメリカニズム
第9章 「自主防衛」への道を塞ぐ親米保守派
おわりに 「祖先」も「子孫」も僕らを支持している

著者等紹介

小林よしのり[コバヤシヨシノリ]
1953年、福岡に生まれる。1975年、福岡大学在学中、『東大一直線』でマンガ家デビュー。『東大快進撃』『おぼっちゃまくん』など、子供マンガで破壊的なギャグを展開し、大好評を博す。92年から始まった『ゴーマニズム宣言』では「思想マンガ」を標榜、若い世代に浸透した。95年から「SAPIO」で『新・ゴーマニズム宣言』を連載中。89年、小学館漫画賞を受賞。98年、『新・ゴーマニズム宣言スペシャル/戦争論』を、2001年、続篇『戦争論2』を、2002年、西部邁との対談『反米という作法』を刊行する。現在、「わしズム」責任編集長

西部邁[ニシベススム]
1939年、北海道に生まれる。東京大学経済学部卒業。東京大学教養学部教授を経て、88年に辞任。現在、「発言者」主幹、秀明大学学頭。著書として、『経済倫理学序説』(吉野作造賞)、『生まじめな戯れ』(サントリー学芸賞)など多数。93年、正論大賞を受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。