GCN文庫<br> クラスメイトの元アイドルが、とにかく挙動不審なんです。〈2〉

個数:
電子版価格 ¥748
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

GCN文庫
クラスメイトの元アイドルが、とにかく挙動不審なんです。〈2〉

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2022年08月17日 20時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 253p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784867163078
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

手作りのお弁当に、プール――少しずつ縮まっていく三枝さんとの距離に、卓也は……?糖度100%ラブコメ、待望の第2弾登場!

内容説明

ピクニックにプール、遊園地…この夏は大忙し!めでたくお付き合いを始めた孝之と清水さん。仲睦まじい二人の様子を見て、クラスメイトの元アイドル・三枝さんへの想いを意識することになった卓也…しかし夏休みを前に彼女にアプローチしようという動きも活発化してきて?一念発起した卓也は、彼女にふさわしい男になるべく、努力を開始する―!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

芳樹

35
今回も甘く甘く優しい物語を楽しく読ませて頂きました。三枝さんがアイドルになった理由を知り、彼女に相応しい男として隣に並び立てるようになろうと頑張る卓也が熱い今回。決めるところはバシッと決めてくるところが格好いいですね。一方、コンビニで三枝さんが必ず千円札をだす理由を勘違いしちゃうようなところがありますが、そんな抜けたところさえ憎めない個性と言えますね。二人の関係も一歩前進して、これからさらに糖度が増していくことになるのでしょう。引き続き三枝さんの挙動不審な可愛らしい姿を楽しみにしています。2022/06/18

よっち

33
めでたくお付き合いを始めた孝之と清水さん。仲睦まじい二人の様子を見て、卓也はクラスメイトの元アイドル・三枝さんへの想いを意識する第二弾。近しい存在ではあっても関係性は曖昧なままで、夏休みを前に彼女へアプローチする動きの活発化に焦燥を隠せない卓也。とはいえ今回も挙動不審な彼女との甘い関係が炸裂する展開で、プールや遊園地のダブルデート展開で清水さんとの二人組がヤバかったり、メンバー登場もありましたけど、いざとなるとしーちゃんが意外と強かったですね(苦笑)バカップルっぷりもますます加速しそうな今後の展開に期待。2022/06/20

rotti619

16
孝之と桜子が恋人になったのを見て、紫音への想いを自覚した卓也が彼女にふさわしい男になるべく努力するお話。なお、紫音はとっくに落ちている模様。前巻はっきりしなかった紫音がなぜ卓也を好きだったのか明らかになるので、かなりわかりやすくなっている。紫音の挙動不審な所や一途な所やすぐ膨れる所など、相変わらず甘々で破壊力は抜群な上に卓也がイラストごとイイ男になったので、読んでいて実に気持ちの良い物語になっている。前巻(特に序盤)ではまだたどたどしい表現が多かったが、今巻は完全にプロ作家による作品に仕上がっていた。2022/06/20

ぽなぎ

11
良かったね、しーちゃん( ^ω^) すっかりWカップルの様相で進んでいく様が微笑ましかったですね。桜子付き合いだしてからこっちの応援もしたりたくましくなって草。最も気になってたしーちゃんがたっくんを好きになった理由から描かれた2巻。あったことだけ描かれてたんでそこまで惹かれる内容ではなかったですが思い続けた結果今に至るって凄いなw そこまで思い続けてたらあそこまで挙動不審になるのも仕方ないのか(;´∀`) これだけアタックされてるのに気づかずにレシートとか言い出すのにはさすがにガ(ryかと苦笑。 2022/06/24

真白優樹

11
前巻で結ばれた孝之と桜子の甘さに悶える中、紫音に告白する為に卓也が覚悟を決める今巻。―――過去から繋ぎ、今結んで未来へ。何処までも運命のその先へ。 過去の秘密も明かされ準備が整う中、もだもだながらも頑張りようやく伝え合う。臆病が故にもどかしく、だからこそその告白が何よりもうれしい。そんな真っ直ぐな甘さに溢れている、真っ直ぐに心を撃ち抜かれるであろう面白さがある巻である。果たして結ばれた先、彼等にはどんな未来が待つのか。まだまだ始まったばかりのこの恋、どこまで進んでいくのか。 次巻も須らく期待であるべし。2022/06/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19687737

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。