神経心理学への誘い 高次脳機能障害の評価

個数:

神経心理学への誘い 高次脳機能障害の評価

  • ウェブストアに7冊在庫がございます。(2022年01月20日 19時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 353p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784867060131
  • NDC分類 493.73
  • Cコード C3047

内容説明

脳血管障害や認知症、Parkinson病、脳の外傷性疾患などの基礎疾患の解説と画像診断法の紹介。また、意識障害や精神症候、注意障害、記憶障害、失語、失行、失認などの評価法について豊富な事例を用いて解説。

目次

第1部 総論(神経心理学の評価―検査計画の立て方;神経心理学の局在診断;脳血管障害と神経心理学;認知症と神経心理学;Parkinson病と神経心理学 ほか)
第2部 各論(大脳優位性と利き手;意識と意識障害―神経学の立場から;意識と意識障害―精神医学の立場から;知能の評価;精神症候の診かたと評価 ほか)

著者等紹介

田川皓一[タガワコウイチ]
1945年生まれ。福岡県出身。1970年九州大学医学部卒業。九州大学医学部第2内科、秋田県立脳血管研究センター、国立循環器病センター、国立療養所福岡東病院などを経て、現在、長尾病院高次脳機能センターに所属。日本神経心理学会や日本高次脳機能障害学会、日本神経学会、日本老年医学会、日本脳卒中学会などの役員を務める

池田学[イケダマナブ]
1960年生まれ。岡山県出身。1984年東京大学理学部卒業。1988年大阪大学医学部卒業。1993年より東京都精神医学総合研究所に国内留学。1994年より兵庫県立高齢者脳機能研究センター研究員兼医長。1996年より愛媛大学医学部精神科神経科助手。2000年よりケンブリッジ大学神経科に国外留学。2007年より熊本大学大学院生命科学研究部神経精神医学分野教授などを経て、2016年より大阪大学大学院医学系研究科精神医学教室教授。日本老年精神医学会理事長、日本神経心理学会理事長、日本高次脳機能障害学会理事、日本認知症学会理事、日本神経精神医学会理事、International Psychogeriatric Association理事、Asian Society Against Dementia理事などを務めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。