全米は、泣かない。―伝え方のプロたちに聞いた刺さる言葉のつくり方

個数:

全米は、泣かない。―伝え方のプロたちに聞いた刺さる言葉のつくり方

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2020年02月21日 19時36分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 340p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866670218
  • NDC分類 674
  • Cコード C2034

内容説明

芸人で初めてTCC新人賞を受賞した五明拓弥がソフトバンクモバイル「白戸家シリーズ」、au「三太郎シリーズ」、TSUBAKI「日本の女性は、美しい。」、LUMINE「試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。」、ビタミン炭酸MATCH「青春がないのも、青春だ。」などを生み出した名だたるコピーライター・CMプランナーに聞いた。「人の心を動かす言葉」はどうやったら作れるようになるんですか?

目次

澤本嘉光さんに聞く―天才じゃないからこそ、クリエイティブであり続けるためにやっていること
篠原誠さんに聞く―アイディアを考え続ける技術
谷山雅計さんに聞く―なぜ最高のプロポーズは「結婚してください」なのか?
尾形真理子さんに聞く―どうすれば女性に響くコピーが書けるのか?
福部明浩さんに聞く―世の中に広がりやすい言葉はどのようにつくるのか?
関根忠郎さんに聞く―「全米が、泣いた。」を使わずに、映画が見たくなるコピーをどのように書いているのか?
特別対談 又吉直樹×五明拓弥―又吉直樹はどのように小説を書いて、どのようにネタをつくっているのか?

著者等紹介

五明拓弥[ゴメイタクヤ]
1981年千葉県出身。2000年に東京NSCに6期生として入学。2005年に遠山大輔、佐藤大と共に、お笑いトリオ「グランジ」を結成。東京ガスのラジオCMを機に広告制作に携わるようになり、同作で2016年度TCC新人賞を受賞。受賞歴に第45回フジサンケイグループ広告大賞・メディア部門ラジオ最優秀賞、第11回ニッポン放送CMグランプリ、ACC TOKYO CREATIVITY AWARDSなどがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

吉本芸人でありながら、新人CMプランナーとして、2016年TCC新人賞を受賞するなど活躍中の著者が、CM業界の錚々たる先輩諸氏に「CMで伝えるために大事なことってなんですか!?」と大胆不敵にぶつかっていった結果、得たモノとは?  巻末には、又吉直樹氏との特別対談も収録。