この世を生きる「あの世」の教え―与えられた命をどう使うか

個数:
電子版価格
¥1,300
  • 電書あり

この世を生きる「あの世」の教え―与えられた命をどう使うか

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年06月23日 23時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 173p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866631301
  • NDC分類 490.1
  • Cコード C0095

内容説明

自分の人生を丁寧に生ききる―目の前の課題を楽しむ。救急医療の最前線にいたからこそ見えた「命」の本質。魂と対峙する一冊。

目次

第1章 寿命はどうして決まるのか―「自分」を生きるということ(人は死なない―その意味を考えてみよう;医療ではどうにもならないことがある ほか)
第2章 あの世はどこにあるか―「死」について考える(死は、その人の終わりではない;次に進むためには卒業しなければならない ほか)
第3章 この世は誰と在るか―「大いなる力」の存在を知る(この世界は神秘に満ちている;見えているものは、その一部にすぎない ほか)
第4章 命はなぜ続くのか―「魂」が肉体を選択する(私たちは生かされて、今ここにいる;人生は長さを競うものではない ほか)
第5章 来世に何を託すか―「輪廻転生」していく意味(魂は何度も生まれ変わる;この世の行いの結果は来世に持ち越される ほか)

著者等紹介

矢作直樹[ヤハギナオキ]
東京大学名誉教授/医学博士。1956年、神奈川県生まれ。1981年、金沢大学医学部卒業。その後、麻酔科を皮切りに救急・集中治療、内科、手術部などを経験。1999年、東京大学大学院新領域創成科学研究科環境学専攻および同工学部精密機械工学科教授。2001年、東京大学大学院医学系研究科救急医学分野教授および同医学部附属病院救急部・集中治療部部長。2016年3月に任期満了退任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。