アリアンローズ<br> 騎士団の金庫番〈3〉―元経理OLの私、騎士団のお財布を握ることになりました

個数:

アリアンローズ
騎士団の金庫番〈3〉―元経理OLの私、騎士団のお財布を握ることになりました

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月13日 15時58分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 273p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866574967
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

騎士団金庫番に就任したカエデ。順調な彼女の前にフランツの父が彼との恋を阻害してくる。また王様を狙う陰謀も進行していて……!

内容説明

数々の事件を解決し、その功績を認められ西方騎士団の金庫番に就任したカエデ。愛するフランツとの仲も進展し、充実した日々を送っていた彼女に新たな騒動が降りかかる!なんとフランツの父ジェラルドがカエデを長男エリックの妻にしようと画策。カエデとフランツ、エリックとその恋人のターニャはジェラルドの横暴に反発する。一方その裏で王都ではきな臭い陰謀が進行していた…。カエデは人々の平和とフランツとの幸せな未来を守るため、大事件に立ち向カ!愛と経理のほんわか異世界スローライフ・ファンタジー、幸せな結婚はできるのか!?

著者等紹介

飛野猶[トビノユウ]
2018年『あなたのドラゴン、差押えます―アラサー公務員の異世界徴税』にて出版デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

TAMA

12
植物の交配のテレビ見ながら『こういうのを人間でやろうとするのが貴族ってやつか」とふむふむ。 限られた予算の割り振り。要るものは要るけどね。派遣になったあすみちゃん(知る人ぞ知る本)がいっぱいだーとも、お嬢様な新米主婦ってこういう感じかなと汎用度の高いお話よな。クラウドファンディングな劇場経営、つながりが次の仕事をしやすくする、最後亡霊騒ぎまで。恋とお金のお話は楽しめました2022/07/10

なみ

10
金庫番の教育、フランツの家族へのあいさつ、劇団の立て直し。 様々な難題に対し、知識と経験を駆使して立ち向かっていくカエデが今回も格好良かった。 フランツとの甘めな雰囲気もたっぷり堪能しました。ありがとうございます! あとベルナードがとてもかわいい……。2022/04/04

しー

2
このシリーズ何が好きって完璧な悪役がいないんですよね…だから、疲れた生活の中でただただ楽しんで、ほっこりするし、にやにやできる…!2022/01/26

susantoissyo

1
金庫番になりよその金庫番を指導して経営不振な劇場を助けて義理の兄予定のアレルギーを解決する。フランツとハッピーエンド2023/06/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18997644
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。