アリアンローズ<br> どうも、悪役にされた令嬢ですけれど〈2〉

個数:
電子版価格 ¥1,001
  • 電書あり

アリアンローズ
どうも、悪役にされた令嬢ですけれど〈2〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年06月29日 16時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 250p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866573915
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

ある日、悪役に仕立て上げられた子爵令嬢のリヴィア。次の婚約者がなかなか決まらない中、友人で侯爵家子息のセリアンと婚約することに!利害の一致による婚約だと思っていたのに、彼の恋人らしい振る舞いに、セリアンへの好意を自覚するリヴィア。正式に婚約を交わし順調に深まっていく二人の関係とは裏腹に、シャーロットの嫌がらせは更にエスカレートしていって…!?セリアンが求婚してきた真意、シャーロットとの因縁の真相がついに明かされる―!!悪役にされた令嬢の“まきこまれラブストーリー”第二弾!

著者等紹介

佐槻奏多[サツキカナタ]
2012年にブログで執筆していた作品を書籍化して出版デビュー。以降も恋愛ファンタジー作品を中心に、複数社にて刊行(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

anko

8
シャーロットが執拗にリヴィアを陥れようとする理由わかり彼女の計画を阻止しソフトなざまあで着地。リヴィアは前世の事を思い出さず知らないままなのかなと思いつつも楽しく読了。 2021/09/02

RINGOoisiiiiiii

6
シャーロットに相変わらず付きまとわれ続けられてるリヴィア。シャーロットはリヴィアからセリアを引き離そうとしているよう。ある日セリアが冷たい対応をしだして…。相手側が何を考えてるかわからないと悪役は映えるな。シャーロットがとにかく気持ち悪かった。まさかタイムリープかー!二度と会えない商家の奥様はどうなったんですかねえ。個人的には満足だった。2022/04/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16908537

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。