アリアンローズ<br> 魔導師は平凡を望む〈22〉

個数:
電子版価格
¥1,320
  • 電書あり

アリアンローズ
魔導師は平凡を望む〈22〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月23日 21時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 310p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866571829
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

休日を返上させた恨みは深い。
馬鹿なことをしたと、絶対後悔させてやる!!

北部の大国ガニアから、イルフェナへと帰ってきたミヅキ。
久々の平穏を満喫しようとしていたところ、ミヅキたちのもとにアルベルダの第二王女クリスタが訪問してくる。
訪問者であるクリスタの面会を受けて、魔王様直々にアルベルダに派遣されることになってしまうミヅキ。
そうしてグレン、ウィルフレッドと再会した彼女は、なにやらまたキヴェラがトラブルに絡んでいることを確認し、『お仕事』をすることを決める!
「休日返上させられた分、しっかり楽しませてもらわなきゃね」

キヴェラへの断罪タイム第二弾!? ドS魔導師が送る異世界ファンタジー第二十二弾、ここに開幕!!

広瀬 煉[ヒロセレン]
著・文・その他

11[トイチ]
イラスト

内容説明

北部の大国ガニアから、イルフェナへと帰ってきたミヅキ。久々の平穏を満喫しようとしていたところ、ミヅキたちのもとにアルベルダの第二王女クリスタが訪問してくる。訪問者であるクリスタの面会を受けて、魔王様直々にアルベルダに派遣されることになってしまうミヅキ。そうしてグレン、ウィルフレッドと再会した彼女は、なにやらまたキヴェラがトラブルに絡んでいることを確認し、『お仕事』をすることを決める!「休日返上させられた分、しっかり楽しませてもらわなきゃね」キヴェラへの断罪タイム第二弾!?ドS魔導師が送る異世界ファンタジー第二十二弾、ここに開幕!!

著者等紹介

広瀬煉[ヒロセレン]
静岡県出身。小説投稿サイト『小説家になろう』にて執筆を開始する。異世界トリップした鬼畜魔導師を主人公に据えた小説「魔導師は平凡を望む」がネットで話題となり、2013年10月出版デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

eucalmelon

3
世界は広い。まだまだいる、魔道士の玩具。お強請り姫。やってきたきたウィルの女。なかなか、よくできた娘だ。ちゃんと教育されてる。しかも賢いし。こんな娘がほしい。 キヴェラの王、気苦労が絶えなくてお気の毒。アホな配下が多いと大変だと思う。所変われど変わらぬ真理。2020/09/02

零崎夢織

2
さあこれでのんびり出来ると思った矢先に、魔王様から非情なお知らせが。 今回はどんな手口でやっていくのかな。2019/03/31

ゆう

2
一風変わった、婚約破棄もの、悪役令嬢つき、って感じですかね? 一体どんなざまぁ展開になるんでしょう(笑)。2018/12/19

kinta

1
ウィル様の娘・クリスタ様とアルベルダでザックザックと心折ります。キヴェラの性悪娘の退治編。それにしても働くなあ…働き方改革が必要な気分になってきた… 2019/06/18

みょろん

1
ついにアルベルダ編。まだ根回し編かな。2018/12/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13124393
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。