ノクスノベルス<br> 分身スキルで100人の俺が無双する―残念!それも俺でした〈1〉

個数:
電子版価格 ¥1,296
  • 電書あり

ノクスノベルス
分身スキルで100人の俺が無双する―残念!それも俺でした〈1〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年11月17日 09時38分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 302p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866571102
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

最強のS級冒険者、新興国家を率いる女帝、魔導の真髄を極めた大賢者、さらには世界経済を影から動かす大商人に、新たに誕生した魔王…僅か数年の間に次々と現れ、各界を支配するまでになった綺羅星のごとき人物達。その正体は―「―全部俺でした!」冴えない高校教師、武田信夫。彼は生徒達からバカにされ、同僚の美人教師にも軽蔑されていた。しかし、そんな彼が世界を救う勇者の一人としてクラスごと異世界に召喚されてしまう。そこで記憶と意識を共有できる分身を生み出す「分身スキル」と、外見を自由に変えられる「変装スキル」を手にすることに。信夫は勇者として生活しながらも異世界では楽しい人生を送るため、分身体を次々に生み出し、様々な顔や職業を与えてあらゆる分野へと送り出していくのだった。なりたい自分で異世界ライフを満喫!これは一人の青年と100人の分身体が各地で活躍しながらも異世界を支配していく物語。

著者等紹介

九頭七尾[クズシチオ]
京都府出身。2017年1月に小説投稿サイト「小説家になろう」にて『分身スキルで100人の俺が無双する―残念!それも俺でした』の執筆を開始。斬新な設定と爽快感のあるストーリーが評判を呼び、書籍化にいたる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報



九頭 七尾[クズシチオ]
著・文・その他

B-銀河[ビーギンガ]
イラスト