アリアンローズ<br> 悪役令嬢後宮物語〈6〉

個数:
電子版価格
¥1,320
  • 電書あり

アリアンローズ
悪役令嬢後宮物語〈6〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月14日 15時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 316p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784866570617
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

内容説明

『星見の宴』に持ち込まれた猛毒をなかったことにするため、自ら毒を口にし倒れたディアナ。翌日、ようやく目覚めた彼女の前に王宮騎士団が現れてシェイラが誘拐されたこと、その犯人として『紅薔薇様』ディアナの名が挙がっていることを告げる!このままではディアナの命は翌日の昼まで。愛娘の無実を証明するために、とうとうクレスター家が政治の表舞台に姿を見せる!一方その頃、攫われたシェイラはディアナの無実を証明する手がかりを発見。でも最も重要な証拠は誘拐犯の胸ポケットの中…!?誤解と陰謀渦巻くシリーズ第六巻がオリジナル展開で堂々登場!

著者等紹介

涼風[リョウフウ]
ある日唐突に浮かんだ、『おとぎ話の悪役が、実は悪い人じゃなかったら?』というアイデアを元にした『悪役令嬢後宮物語』がネットで評判となり、2013年8月出版デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

なかちゅう

9
縁あって再読。ふと、ラノベの「悪役令嬢」って、乙女ゲーム転生もの(ゲームがどんなものかよく知らないけど)が主体だが、このシリーズは違うという事にあらためて気づいた。「知識」についての見解とかちょっとうなるものがある。ラノベって軽く見られがちだけど、ひとつの物語を作り上げるのに、裏ではかなりな「知識」を自分のものとして得ることが必要なんだよな~と改めて実感。WEB版とは少々ストーリーが違ってきているので書籍版がどうまとめてくるか楽しみ。でも、次巻読むときは一回通しで再読が必要かも(笑)2018/01/05

TAMA

7
返却日が迫っててつるつる読んだら ん・・。ゴメン次の人なるだけ急いだから。アレやらコレやら、この証拠がこういう状況示してるから・・。だからここはあり得ないわけで。だから、今までかばった人たちが身を捨てて助けに来てくれたんだ。ようやく内容が(大体)わかった。とりあえず王子が自分で考えて見つけた結論でごめんなさいして、お人形から脱出して色眼鏡外したことがカタルシスですな。あとはもう一つ山が残ってる。次で終りそうですねえ。貧乏くじ姫が幸せになる結果が読めそう。楽しみ2018/02/22

なかちゅう

6
あ、あれ?web版ここで完結してたと思ったけど、続きがでるの?そればちょっち、うれしいかも(笑)ただ、裁きの後のやり取りが載ってなかったので、そこがちょっと残念。次巻にのせてもらえるかなぁ?2017/11/12

零崎夢織

5
クレスター家の真実が分かる巻。 裏にそんなはなしがあったんだね。2020/10/25

あまぐり。

3
…痛快裁判……。強くはないが見た目ほど弱くなかったシェイラ嬢の勇姿、いじめられたり家事させられたり、でも貴族的な事も身についてて気遣いもできる…苦労人男爵令嬢結構万能というか生活力あるというか……あ、でもディアナも貴族でいじめられたり野生児で気を遣って生きてて頑張ってるもんな、似てるんだな。2019/07/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12356567
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。