ひみつ堂のヒミツ―1000円のかき氷を1日500杯売り続けられる理由

個数:

ひみつ堂のヒミツ―1000円のかき氷を1日500杯売り続けられる理由

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年10月18日 09時17分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 200p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784866470238
  • NDC分類 673.9
  • Cコード C0034

内容説明

5時間待ってでも食べたくなる、魔法のかき氷。でも、売れる理由は「おいしいから」だけじゃない!!屋台からはじまったかき氷店、大成功の秘密。

目次

1章 かき氷でビジネスは成り立つのか?(転職20回。なぜ、かき氷を選んだか?;屋台で商売開始 ほか)
2章 開業までのやることリスト(季節労働者!?物件が借りられない;なぜほうきが屋根に?―外装の話 ほか)
3章 行列を生むメニュー開発(行列のひみつ、蜜にあり;行列のひみつ、スタッフにあり ほか)
4章 試練の冬に立ち向かう方法(回転率を上げなければいけない、ふたつの理由;冬のメニュー、試行錯誤 ほか)
5章 これからも、1年中かき氷屋を続けていくために(2号店をオープンした理由;いちご大福の販売開始 ほか)

著者紹介

森西浩二[モリニシコウジ]
1969年東京都生まれ。東京・谷中のかき氷店「ひみつ堂」店主。新聞配達、宅急便セールスドライバー、不動産営業、ディスコ店員、八百屋、地図作成調査、イタリア料理店店長、パンフレットデザイナー、スキューバダイビング・インストラクター(西表島)など20以上の職種を経験。1991年春、21歳のときに三代目市川猿之助の門を叩いて弟子入りし、歌舞伎俳優として修業したのち、2011年5月、東京・谷中に「ひみつ堂」をオープン(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)