ヨーロッパ史のなかのアルザス―中近世の重層的な地域秩序から

個数:

ヨーロッパ史のなかのアルザス―中近世の重層的な地域秩序から

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年07月16日 11時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 256p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784866240954
  • NDC分類 235
  • Cコード C0022

内容説明

中近世史から考えるアルザスの“今”。近代の独仏対立のなかで四度帰属が変更されたアルザスは、近年ライン上流域において国家を超えた地域連携を展開し、アルザス欧州自治体を組織するなど変化のなかにある。本書では、とくに中近世のライン上流域における重層的な政治秩序に注目して、アルザスの過去と現在を紐解く。

目次

第1章 ライン川を取り巻く自然と人間(ライン川とライン地溝帯;先史時代 ほか)
第2章 中世ライン上流域とエルザス(メロヴィング期の「エルザス」;カロリング朝フランク王国の中心部 ほか)
第3章 近世ドイツ帝国とフランス王国の境界域(ライン上流域における人文主義と宗教改革;前部オーストリア、エルザス、オーバーライン ほか)
第4章 近代国民国家の周縁(フランス革命とナポレオン;フランスのアルザス ほか)
第5章 現代アルザスとその行方(戦後フランス共和国のなかで;政治意識の揺らぎと地域意識の回復 ほか)

著者等紹介

安酸香織[ヤスカタカオリ]
北海道大学大学院文学研究科博士後期課程修了。北海道大学博士(文学)。専門は歴史学、近世ヨーロッパ史、アルザス地域史。日本大学国際関係学部助教を経て、現在、北海道大学大学院文学研究院講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。