苦海浄土 全三部

個数:

苦海浄土 全三部

  • ウェブストアに10冊在庫がございます。(2021年12月02日 12時21分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 1140/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865780833
  • NDC分類 916
  • Cコード C0093

出版社内容情報

全三部作がこの一冊に! 普及完全決定版!
「水俣病」患者とその家族の、そして海と土とともに生きてきた不知火の民衆の、魂の言葉を描ききった文学として、“近代”なるものの喉元に突きつけられた言葉の刃。半世紀の歳月をかけて『全集』発刊時に完結した三部作、第一部「苦海浄土」、第二部「神々の村」、第三部「天の魚」を一冊で読み通せる完全決定版。


石牟礼 道子[イシムレミチコ]

池澤 夏樹[イケザワナツキ]

加藤 登紀子[カトウトキコ]

中村 桂子[ナカムラケイコ]

鎌田 慧[カマタサトシ]

赤坂 真理[アカサカマリ]

原田 正純[ハラダマサズミ]

渡辺 京二[ワタナベキョウジ]

内容説明

『苦海浄土』は、「水俣病」患者への聞き書きでも、ルポルタージュでもない。患者とその家族の、そして海と土とともに生きてきた不知火の民衆の、魂の言葉を描ききった文学として、“近代”なるものの喉元に突きつけられた言葉の刃である。半世紀の歳月をかけて『全集』発刊時に完結した三部作(苦海浄土/神々の村/天の魚)を全一巻で読み通せる完全版。

著者等紹介

石牟礼道子[イシムレミチコ]
1927年、熊本県天草郡に生れる。詩人。作家。1969年に公刊された『苦海浄土』は、水俣病事件を描いた作品として注目され、第1回大宅壮一ノンフィクション賞となるが、辞退。1973年マグサイサイ賞、1993年『十六夜橋』で紫式部文学賞、2001年度朝日賞を受賞する。2002年度は『はにかみの国―石牟礼道子全詩集』で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。『石牟礼道子全句集 泣きなが原』(俳句四季大賞)他、作品多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

燃えつきた棒

68
何よりもこの本のことを教えてくれた池澤さんに感謝したい。 そして、石牟礼さんが、僕らにこの遺言を残してくれたことに。 そして、切に願う。 誰かこの本を世界の人々のもとへ届けてくれんことを。 “おどまかんじんかんじん  あん人達アよか衆 よか衆よか帯 よか着物” (「五木の子守唄」)/ 『ああ、人間は何故に斯く在らねばならぬのか?』(安部公房「終りし道の標べに) 2018/05/25

ぐうぐう

44
水俣病公式確認から今年で60年、三部作を一冊の合本とした『苦海浄土 全三部』が刊行された。枚数にして1,000ページを超える本書を、一週間かけて読み終える。ときに立ち止まり、ときに後戻りしながら、まるで著者が水俣病を目の当たりにし、患者と、家族と、企業と、行政と向き合い、行きつ戻りつしながら『苦海浄土』を書き綴ったように。当然のことながら、この作品はスムーズに生み出されたわけではない。(つづく)2016/09/26

壱萬弐仟縁冊

39
2004年初出。「人間じゃかなごたる死に方したばい」(39頁)。患者たちに共通な症状は、初めに手足の先がしびれ物が握れぬ、歩けない、歩こうとすれば、ツッコケル(傍点)、モノがいえない。舌も痺れ、味もせず、呑みこめない。目がみえなくなる。きこえない。手足がふるえ、全身痙攣。食事も排泄も自分でできなくなる(75頁)。野口遵の日窒(92頁)は日本史で出てくる知識。〝文明〟に閉ざされている都市市民には、原理的生活法や、生活者の心情がわからない。計りではかったりする栄養学、矮小な社会学しかわからない(189頁)。2021/06/09

クリママ

39
1144ページにも及ぶ辞典かと見間違うほどの分厚い本。第一部、水俣病発症から公害認定、第二部、訴訟提起からチッソ株主総会出席、第三部、裁判前後。それは、方言で語られる患者、家族のの言葉。カルテ、報告書、チッソや自治体等から発表された文書の引用。そして、まさしく文学といえる筆者の文章で構成される。第一部の衝撃は大い。生きているものの身体、ましてや人の体に起こりうるとはとても思えないほどの水俣病劇症。親として、妻として、あまりのことに嗚咽し読み進めることができない。それに対する、チッソ、行政の信じがたい対応。2018/09/10

ophiuchi

17
予約した本を図書館のカウンターで渡されて、そのボリュームにびっくり。読み切れるだろうかと心配したが、独特のリズムで語られる水俣病患者たちの言葉の力に圧倒された。福島第一原発の事故は水俣病から50年以上を経て起きたわけだが状況はよく似ていて、日本の社会のあり方がほとんど変わっていないことに愕然となる。長く読み継がれるべき本だと思う。2018/08/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11110359

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。