科学的とはどういうことか―いたずら博士の科学教室 (新版)

個数:

科学的とはどういうことか―いたずら博士の科学教室 (新版)

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2019年06月26日 23時37分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 262p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784773502923
  • NDC分類 404
  • Cコード C0040

目次

第1部 予想をたのしみ、やってみる話(卵を立ててみませんか―「コロンブスの卵」のその後;砂糖水でも卵は浮くか―一をきいて十を知ることのむずかしさ;水の沸騰点は97℃?!―科学と実験の誤差のはなし;タンポポのたねをまいてみませんか―人間の管理下にない自然の姿;鉄1キロとわた1キロとではどちらが重い?―自分でやってみないと信じられない不思議な実験;月はお盆のようなものか、まりのようなものか―遠い地球から眺めて手玉に取る;虫めがねで月の光を集める―レンズで遊びましょう;シロウトと専門家のあいだ―科学を学ぶたのしさ、むずかしさ)
第2部 うそとほんと、ほんととうその話(スプーン曲げ事件の反省―マスコミ操作に踊らされないための科学;意図的なインチキとは限らない―「科学者」でも忘れている科学の原則;コックリさんはなぜ動く―自己催眠の恐ろしさ;だまされない方法はあるか―4月1日は「うそ・デマ予防の日」;「うそ」から大発見も生まれる―「うそを書け」という作文の授業もあっていいのでは;宇宙はタカミムスビの神が作った?!―「建国記念日」特別講義;「超能力であたった」という話―追試ができなければ科学にはならない)

著者等紹介

板倉聖宣[イタクラキヨノブ]
1930年東京下谷(現・台東区東上野)に生まれる。1951年学生時代に自然弁証法研究会を組織。機関誌『科学と方法』を創刊。1958年物理学の歴史の研究によって理学博士となる。1959年国立教育研究所(現・国立教育政策研究所)に勤務。1963年仮説実験授業を提唱。科学教育に関する研究を多数発表。教育の改革に取り組む。1973年教育雑誌『ひと』(太郎次郎社)を遠山啓らと創刊。1983年教育雑誌『たのしい授業』(仮説社)を創刊。編集代表。1995年国立教育研究所を定年退職(名誉所員)。私立板倉研究室を設立。同時にサイエンスシアター運動を提唱・実施。2013~2016年日本科学史学会会長。2018年2月7日逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

手軽に確かめられるような実験を通して,科学的に考え行動するとはどういうことかを体験的に実感できる,科学的思考の入門書。 手軽に確かめられるような実験を通して,科学的に考え行動するとはどういうことかを体験的に実感できる,科学的思考の入門書。著者を代表するロングセラーの新版が登場!

 字を大きく,読みやすくした他,全ての漢字にルビを振るなど,小学生からでも楽しく読めるよう工夫をこらしました。

 科学好きの人はもちろん,科学嫌いの人にも必読の1冊!

科学的とはどういうことか もくじ



はじめに



第1部 予想をたのしみ、やってみる話



卵を立ててみませんか 「コロンブスの卵」のその後

砂糖水でも卵は浮くか 一を聞いて十を知ることのむずかしさ

水の沸騰点は97℃?! 科学と実験の誤差のはなし

タンポポのたねをまいてみませんか 人間の管理下にない自然の姿

鉄1キロとわた1キロとではどちらが重い 自分でやってみないと信じられない不思議な実験

月はお盆のようなものか、まりのようなものか 遠い地球から眺めて手玉に取る

虫めがねで月の光を集める レンズで遊びましょう

シロウトと専門家のあいだ 科学を学ぶたのしさ、むずかしさ



第2部 うそとほんと、ほんととうその話



スプーン曲げ事件の反省 マスコミ操作に踊らされないための科学

意図的なインチキとは限らない 「科学者」でも忘れている科学の原則

コックリさんはなぜ動く 自己催眠のおそろしさ

だまされない方法はあるか 4月1日は「うそ・デマ予防の日」

ウソから大発見も生まれる 「うそを書け」という作文の授業もあっていいのでは

宇宙はタカミムスビの神がつくった?! 「建国記念日」特別講義

「超能力で当たった」という話 追試が出来なければ科学にはならない



おわりに

板倉聖宣[イタクラキヨノブ]
著・文・その他

TAKORASU[タコラス]
イラスト