多田富雄のコスモロジー―科学と詩学の統合をめざして

個数:

多田富雄のコスモロジー―科学と詩学の統合をめざして

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年01月25日 22時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 265p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865780673
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0095

出版社内容情報

生命と科学と美を架橋した世界的免疫学者の全体像
免疫学の第一人者として世界の研究をリードする一方、随筆家・詩人として、また新作能作者として、芸術と人間性の本質を探った多田富雄。免疫学を通じて「超(スーパー)システム」としての生命という視座に到達し、科学と詩学の統合をめざした「万能人」の全体像を描く。
[寄稿]石牟礼道子・松岡正剛
●今秋発刊〈多田富雄コレクション〉プレ企画

【著者紹介】
HASH(0x3d1b448)

内容説明

免疫学の第一人者として世界の研究をリードする一方、随筆家・詩人として、また新作能作者として、芸術と人間性の本質を探った多田富雄(1934‐2010)。免疫学を通じて「スーパーシステム」としての生命という視座に到達し、科学と詩学の統合をめざした「万能人」の全体像を描く。

目次

1 免疫学と生命(対談・スーパーシステムとゲノムの認識学;ファジーな自己―行為としての生体;利己的DNA ほか)
2 能と現代(新作能一石仙人;異界からの使者たち;右能と左能 ほか)
3 自分という存在(遠い夏の日の川;二つの母校;戦後初めての少年 ほか)

著者等紹介

多田富雄[タダトミオ]
1934年、茨城県結城市生まれ。東京大学名誉教授。専攻・免疫学。元・国際免疫学会連合会長。1959年千葉大学医学部卒業。同大学医学部教授、東京大学医学部教授を歴任。71年、免疫応答を調整するサプレッサー(抑制)T細胞を発見、野口英世記念医学賞、エミール・フォン・ベーリング賞、朝日賞など多数受賞。84年文化功労者。2001年5月2日、出張先の金沢で脳梗塞に倒れ、右半身麻痺と仮性球麻痺の後遺症で構音障害、嚥下障害となる。2010年4月21日死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

s-kozy

67
世界的な免疫学者・多田富雄を知ったのは南伸坊との共著「免疫学個人授業」(新潮社・97年、文庫化も)においてであった。難しい理論を分かりやすく説明してくれるのに感銘を受け、「免疫の意味論」(青土社・93年)を手に取り、以降、多田氏は私にとって目が離せない存在となった。名著「免疫の意味論」は「スーパーシステムの理論を哲学まで発展させた」として大佛次郎賞を受賞している。01年に脳梗塞に倒れ右半身麻痺・構音障害となってからもリハビリに励みながら「自然科学とリベラルアーツを統合する会」の活動に情熱を燃やす。(続く)2016/08/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10838872

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。