骨の記憶 七三一殺人事件―虚妄の栄光とウイルス兵器

個数:
電子版価格 ¥1,650
  • 電書あり

骨の記憶 七三一殺人事件―虚妄の栄光とウイルス兵器

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月24日 06時49分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 252p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784865651904
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0036

内容説明

「この秘密は墓場までもっていけ」―七三一の無法がなぜ許されてきたのか?どんな大義があろうと戦争は徹頭徹尾おぞましい。フィクションを通じてその闇を照らしながら、連綿と続く戦争犯罪隠蔽の構造を問う。

目次

紘一の戦後
新宿戸山の旧陸軍軍医学校跡地で大量の人骨
姉の消息
元軍医西田修介との面会
元七三一部隊員からの書簡
発掘人骨の真実
調査を求める会との接触
満州での出来事
発掘人骨と七三一部隊を追って
七三一部隊と現代の生物兵器、ウイルス兵器、ワクチン
元軍医佐伯との対峙
出版妨害
山村と佐伯
隅田川の水死体
警察の捜査
西田と佐伯の対決
藤井刑事の単独捜査
たった一人の野辺送り
遺言

著者等紹介

福原加壽子[フクハラカズコ]
1957年3月6日生まれ。青森県立弘前高等学校卒、獨協医科大学医学部医学科卒、弘前大学大学院医学研究科修了。医学博士(内科専門医、消化器内視鏡専門医)。内科勤務医。医師としての活動と並行して、創作活動を続けている。福原加壽子名で第26回「ゆきのまち幻想文学賞」佳作、もののおまち名で第29回「ゆきのまち幻想文学賞」入選(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

麻友

2
図書館で借りて読了。やはり題材が731部隊なので読むうちに気持ちが…最後の殺人事件は悲しい結末に…西田は明子と息子・明夫への想い故、他に選ぶ道はなかったのか…2021/07/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16865104

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。