日本語が世界を平和にするこれだけの理由

電子版価格 ¥1,210
  • 電書あり

日本語が世界を平和にするこれだけの理由

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 230p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784864103121
  • NDC分類 810.4
  • Cコード C0095

出版社内容情報

気鋭の言語学者が贈る、目からウロコの日本語論!

内容説明

私たちが学校で習った日本語は、間違っています!気鋭の日本語学者が教える「本当の姿」とは?カナダで25年間日本語を教えてわかったこと。

目次

第1章 日常表現に秘められた理由
第2章 人名・地名に秘められた理由
第3章 声と視線に秘められた理由
第4章 愛の告白に秘められた理由
第5章 道の聞き方に秘められた理由
第6章 日本語の10大特徴
第7章 英語をマスターするための5つのアドバイス
第8章 だから、日本語が世界を平和にする!

著者等紹介

金谷武洋[カナヤタケヒロ]
1951年北海道生まれ。函館ラ・サール高校から東京大学教養学部卒業。ラヴァル大学で修士号(言語学)、モントリオール大学で博士号(言語学)取得。専門は類型論、日本語教育。カナダ放送協会国際局などを経て、2012年までモントリオール大学東アジア研究所日本語科科長を務める。カナダでの25年にわたる日本語教師の経験から、日本語の学校文法が、いかに誤謬に満ちているかを訴え、新しい日本語文法の構築を提唱している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Seiei Ikeda

61
「日本人は英語が苦手なのは、日本語が素晴らしすぎるから!」なんのこっちゃ!と帯をみて突っ込む。第一章で号泣し、第八章で胸が熱くなった。物語でもないのに、なんなのと思われるかも知れない。しかし、その理由は人としての根源的な問題にある。あまり考えることも、振り返ることもせず、慣性的に無意識に使う日本語。その意味を知ったときに、心が震えてしまった。作者曰く「日本語は共感の言葉、英語は自己主張の言葉」それはワンネスの世界観と、相対的な世界観との違いと受け止めました。言葉が人を創る。日本人を想い、美しき心を知った。2016/01/04

tapioka

38
日本語教師をしていた筆者が感じた日本語と他国語との違いや、日本語の素晴らしさを述べた本。たとえば「寒いね」など、日本語には主語が無く、相手と同じところに立って同じものを見たり感じたりする共感や共視の考えが根本にある。一方で、英語は常に主語が必要で、自分や相手を強く意識している。だから、雨が降るにもわざわざ不要のitを付けなければならない。他にも日本語の特徴と他国語との違いが述べられており、これらを英語を学ぶ前に知っておけば、もっと楽に理解できたのかもしれません。日本語の素晴らしさを再認識できる内容でした。2016/10/08

くぅ

33
たかが言葉、されど言葉。読んで良かった。特に八章にはウルッとしてしまった。ホームステイ話で改めて日本の良さを感じ、in love表現なら英語キライじゃないぞ!と思ったり、ジョンとヨーコの話にも温かい気持ちになり、慰霊碑の解釈もまさに今まさに必要よ!と篤くなった。日本語を掘り下げるのが主軸の話かと手にとったが、中高生を対象に日本語と主に英語との比較が主の内容。テーマである「共感」「共視」の話は頷ける。見つめ合うより、横に座って同じ物を見ている方が幸せを感じるし。2015/02/05

詩歌

30
日本語は共感、英語は自己主張と対立の言葉です。それは視点が違うから。日本語は主語を省略する時がありますね? 空気を読んでるから(笑) 日本語を学ぶ学生からはクールだと思われているんだそうです。「名詞+は」は主語ではないと言われて混乱。でもこれは主題、句読点を越えて使われるから。と言われると納得できます。日本語は私の中に生きてるなぁと実感させてくれる本でした。意外な理由で梶芽衣子さんの名前が出てきます。2014/07/23

ヨクト

27
日本語を母国語とし、英語を学ぶ中で感じだ違和感を本書は明確にしてくれる。「愛してる」と「I love you」なんか違う気がしないかな。日本語はとても優しい言葉。日本語を学んで、日本語の真髄に触れて、優しくなれる人もいる。日本語を母国語としている僕たちが、その日本語の素晴らしさを知らずにいるのは勿体無いのかもね。2014/10/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8124657

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。