静山社文庫
機長、究極の決断―「ハドソン川」の奇跡

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 350p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784863890916
  • NDC分類 687.7
  • Cコード C0198

内容説明

二〇〇九年一月一五日、ニューヨークのラガーディア空港を離陸して上昇中にカナダガンの群れに衝突、両エンジンが破壊されマンハッタン島西側のハドソン川に緊急着水したUSエア1549便の航空事故は、乗員乗客全員が助かったことから「ハドソン川の奇跡」と呼ばれた。エンジン停止から不時着までわずか三分二八秒、機長はこの絶体絶命の危機でどう決断したのか?一人の機長の使命感、人生観、そして完璧な仕事を語る一冊。

目次

ラガーディア空港を離陸(午後三時二四分五四秒~二七分一四秒)
単独飛行
パイロットの日々
エンジン推力喪失(午後三時二七分一五~三〇秒)
家族―パイロットへの基盤
空軍士官学校へ
メイデイ~降下(午後三時二七分三二秒~二八分五秒)
空軍基地勤務での試練
パイロットの宿命と妻、娘たち
航空安全を築いた先人たちの教訓
重力に引き寄せられる機体(午後三時二八分一〇秒~二九分三三秒)
「こちら機長」―軍からエアラインへの転職
パイロットの目覚め
不時着水(午後三時二九分三六秒~三〇分四二秒)
航空機事故対応の岐路
一五五人全員の生還
手紙―事故後に寄せられた人々の声
事故後の余波
新たな飛行進路へ

著者紹介

サレンバーガー,チェスリー[サレンバーガー,チェスリー][Sullenberger,Chesley]
1951年、テキサス州生まれ。空軍士官学校を経て戦闘機パイロットとなり、内外の米空軍基地で軍務に従事。1980年退役し、エアラインパイロットに。重大事故の調査に携わり、米国定期航空操縦士協会(ALPA)の安全関係各種委員などを歴任。バードストライクでエンジンすべての推力を失いニューヨークのハドソン川に緊急着水したUSエアの機長。総飛行時間二万七〇〇〇時間。産業心理学修士、行政学修士の学位も持つ

十亀洋[ソガメヒロシ]
1947年、愛媛県に生まれる。東京大学工学部航空学科卒業。全日本空輸の整備・運航・安全部門を経て、(財)航空輸送技術研究センター主任研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

絶体絶命の危機、機長はどう決断したのか!全員の命を救った「ハドソン川の奇跡」の瞬時にして完璧な状況判断はなぜ可能だったのか。