特別支援教育のアクティブ・ラーニング―「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善

個数:

特別支援教育のアクティブ・ラーニング―「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた授業改善

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年12月06日 12時32分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 180p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784863714304
  • NDC分類 378
  • Cコード C3037

内容説明

授業改善のポイントが分かる!!「アクティブ・ラーニングの授業」を各教科・領域等の代表的な単元・題材ごとに55事例紹介。「これまでの授業」と「アクティブ・ラーニングの授業」を左右のページで比較。指導目標・評価の観点の違いや「主体的・対話的で深い学び」になるための工夫が一目で分かる。

目次

第1章 アクティブ・ラーニングと特別支援教育(21世紀型学力とアクティブ・ラーニング;資質・能力と学習活動;アクティブ・ラーニングを支える脳内メカニズム ほか)
第2章 障害児へのアクティブ・ラーニング(視覚障害教育とアクティブ・ラーニング;聴覚障害教育とアクティブ・ラーニング;知的障害教育とアクティブ・ラーニング ほか)
第3章 特別支援教育のアクティブ・ラーニング実践55(国語;社会;算数・数学 ほか)

著者等紹介

三浦光哉[ミウラコウヤ]
山形大学教職大学院教授・山形大学特別支援教育臨床科学研究所所長(兼任)。宮城県内公立小学校教諭、宮城教育大学附属養護学校教諭、宮城教育大学非常勤講師、山形大学教育学部助教授、山形大学地域教育文化学部教授を経て現職。名古屋市特別支援学校の在り方検討委員会座長。専門は特別支援教育、障害児指導法、障害児臨床。特別支援学校教育において、教育課程の編成、授業改善の方法、個別の指導計画の作成、保護者との連携の在り方など、実践を通して教育現場に様々な提案をしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。